BBS Back Search Read me 師匠小屋
汎用雑談 BBS
Name

Mail Adress

web-site

Title
   Set Cookie 
Message


No.644  モンコン Name:道化師  1999年05月17日 (月) 00時16分

>鏡さん
スペクトラル系のHPで掲示板のあるところ…。じゃ、ダメですかね、やっぱり。(^^;
鏡さんに言われて改めて探してみると「本格的に攻略する」「データ集を作る」HPは
確かにないみたいですね。う〜〜ん。

とか思っていたらアイディアファクトリーのHPの以下のような情報が…。

>【モンスターコンプリワールド大百科 モンスターアルバム】
>5月27日発売/定価860円/ケイブンシャ
>隠しモンスターを含む全モンスターを完全網羅です
>生息地、覚える技、育成データなど欲しい情報が満載

>【モンスターコンプリワールド 公式ガイドブック】
>6月10日発売/予価1200円/双葉社
>ダンジョン探険を親切解説ですモンスター全ての能力がわかります

>【モンスターコンプリワールド 育成バトル真書】
>6月発売/予価1300円/コーエー
>レアモンスターへの進化条件、育成テク&大会必勝法を公開スペシャルCDの存在も

……これじゃ攻略ページの出る幕はないですね(サービス過剰では…)。(^^;;
ソフトを買う気も…。どうしようかなぁ。

#下の書き込みの訂正
「パラサイトイブ2」ではなく「パラサイト・イヴ2」でした(どの道英語表記の方がより
いいのでしょうけど)。


No.643  激動 Name:道化師  1999年05月16日 (日) 23時52分

いや〜、いろんな噂が飛び交っていておもしろいですね。>コンシューマ
P○2が来年末に延期だとかそれに合せてD○7も来年に延期だとかG○C2開発&発売だとか
D○の値下げはないとか……。
その中でも「ふ〜ん」と思ったのが「パラサイトイブ2」の話です。なんでも“誤って”
映像が流れてしまったとか…。実際にゲーム画面の画像を見てみましたが、「1」から
あまり大きな変化はないみたいですね。何はともあれセーブデータの継承を希望(無いかな)。

>Caujunさん
>金曜日の朝に、突然8度7分の熱を出してぶっ倒れちまったもので(^o^ゞ
「太陽の館」でもお見かけできなかったので心配してました。どうかお大事に。
#著作権
いよいよ私の理解を超える話になって…。いえ、“理解できない”というよりは“口をはさめ
るほどの知識がない”という感じですが。もちろんCaujunさんがおっしゃっていることの
内容は(私なりに)理解できているつもりです。ただ、それにレスをつけたり何かを付足し
たりとなると、……(^^;
あ、もちろんお話は続けて下さって結構ですよ〜!
>Caujunさん、スノースさん、gezigeziさん、その他の皆さま

#[369]の訂正(自己レス)
>(武器については複数のセーブデータを使うズルをして“闘神の爪”を999まで鍛えましたが)
「9999」(Max)の間違いでした。これをやるためだけに連射機能付きのコントローラを
買って来たりしたものです。(^^;
あと、このゲーム、(LV等はともかくとして)まだ遊び尽くしていませんでした。
主人公の父親ジョロンを仲間にしてなかった…(当時はまだCD-ROM付きの雑誌を講読して
ませんでしたから)。

#エンドセクター
カード収集率がようやく80%を越えました。シナリオの方は“ロゴスルート”の終盤。
このゲームの戦闘(デュエル)はコツさえつかめばわりと楽勝だったりします。(^^;
要は相手マスターの相克属性または上位属性のモンスターでコストパフォーマンスの高い
もの(下位のモンスターで最高レベルまで鍛えたもの)を序盤に召喚できればそれで終わり、
と……。Myデッキには“魔法”や“アイテム”や“フォーメーションカード”は全然
入ってません。(^^;;


No.642  MCW Name:鏡  1999年05月16日 (日) 23時40分

知っているかもしれませんが、ペルソナ2の発売日は6/24です。
「みんなのゴルフ2」が7月中旬に発売されるようです。
E3でグランツーリスモの操作可能なデモが行われていたそうです。
以上、ゲーム情報(笑)

道化師さん>
モンスターコンプリワールドの攻略をしそうなHPありましたか?
私は1つしか見つけられなかったのですが…
もし攻略をしそうなHPを知っていたら教えて下さい。


No.641  まだちょっと熱っぽくて、無題が思いつかない Name:Caujun  1999年05月16日 (日) 03時52分

 や、どうもご無沙汰しました。金曜日の朝に、突然8度7分の熱を出し
てぶっ倒れちまったもので(^o^ゞ
 こんな時間に投稿してるのも、1日18時間も寝てたらバイオリズムが
狂ってしもうたああ(ルナドン2の巨人風)からです。

 ええと、(予想通り?)じゃんじゃん議論が進んでいるようなので、
レスというか、コメントというかを…

>ぬぬ、ラジオライフ?
 うははっ、わざわざ固有名詞を伏せといたのに(^o^;;

>この話を聞いて凄いと思うのは、PLAYBOYが無断転載のサイトをちゃ
>んと発見している点
 いや仰有るとおりですな。これこそcensorship…(まぁ法的には「検閲」
っていうのは政府がやる場合に限るみたいですけど)

>製作者は捕まったものの、プログラムリストはネット上にばら撒かれ
>たようです
 或る意味、ウイルスそれ自体よりも有害ですな。

>すごい量ですよ、これ・・・(^^;
 いや調子に乗ってしまいまして(^o^;;ゞ

>訴えられるまでは法的には合法なのか違法なのか
 おお、そうですねぇ! 正直言って、私なんかよりもっとちゃんとした
法科出身者に答えてもらった方が安全かもしれませんが、一応私が感じ
ているところとしては、「違法になりうる可能性がある」としか言えな
いんじゃないでしょうか。
 つまり、「誰にも訴えられることがなければ、そのまま一生安泰」だ
が、「もし後に誰かに(その同じ親告罪で)訴えられたら、“被告の過去
の行状”として引き合いに出されることはあり得る」んじゃないのかな?
(まぁ公訴になっていない以上、重加算刑にはならないでしょうが、
有罪認定には影響するのでは?)

>「訴えられないようにあらかじめ気をつける」というのが
 う〜ん、その気配はあります。(^o^;; “後でどういう風なことを
言われるか判ったもんじゃないから、危うきに近寄らず”だ、というわけ
ですかね(私も君子じゃない(^o^;;;;)。
 でも誤解しないで欲しいのは、「私は改造を一切やらない、他人も
やるべきじゃない」というようなことを宣言したわけではない、って
いうことです。「改造無題」の投稿で書いたように、「改造したことを
言わなければ、誰にも知りようがない」んだから、「公言しない」という
だけのことです。つまり、私の立場というのはせいぜいで「改造の具体
的方法なんかを、BBSとかで公言するなよぅ」ってところですか。
 だから、自分で楽しむことについては問題はないでしょうし、仲間内
で話すのも、或いは郵便(郵政省の郵便)で文通するのもOKでしょう(郵便
を第三者が開封した場合は憲法違反なので、それに基づく証拠はことご
とく無効になる)。まぁ同様に、メールで話し合うのもOKじゃないかな。
でも“誰でも目にすることのできる”BBSとかに書くのは…ねぇ。

>ワープロの文章もたった6万字の文字コードの組み合わせということ
>になってしまう

 ええと、著作権は著作物に対して発生する権利、そして著作物は「思
想や感情を表現したもの」ですから、数字(16進数字)の羅列に過ぎない
文字コードには、著作権は発生しません(というか、数字列に著作権が
発生しないというのは判例にあるらしい)。Intelが、それまでの「X86」
連番を止めて、「80586」を「Pentium」に名称変更したのは、これが
理由ですね(数字では著作権が発生しないから、AMD等の互換チップメー
カーが類似の名称を使うのを阻止できない)。
 関連することをあげれば、ワープロ・ソフトに添付されている「フォ
ント」には、著作権ではありませんが意匠権が設定されていますよね。

 この“説明”(というより問題回避)は常識的にはちょいと馬鹿馬鹿し
いような気もしますが、法律っていうのはそれ自体で論理的に完結(ゲー
デル的にいえば「完全でなくても無矛盾」)するような体系ですから、
まぁこれでいいようです。

 で、これと類似の問題で
「日本語の文章もせいぜい数十万字以内の文字の組み合わせということ
になる」
という問題提起でも、法的には、「そのとおりですよ」ということに
なると思います。
 元々著作権というのは19世紀にベルヌ条約で世界的に確立された概念
に過ぎないし、しかも著作者の死後50年しか継続しない(後はPublic
Domainになる)。従って、「文字の発明者(著作権者)」が誰か一人居た
んだとしても、その人の著作権はとっくに消滅しているから、心配する
必要はない、というわけです。

 で、カルネージハートについては、このように考えてみて下さい。
「もしカルネージハートというゲームが存在していなければ、そのセー
ブデータは存在し得ましたか?」
 ユーザーがロジックを考えた、という点は明らかで、その「ロジック」
はユーザーの“もの”でしょう。会社がユーザーに負けるのは当たり前
です。
 しかし、カルネージハートというゲームが存在しなければ、「その形
のセーブデータ」は存在していないわけですよね。従って、その意味に
おいて、「ユーザーはゲームメーカーの掌の上で踊っている」のです。
私が「予め会社が想定している」といっているのは、この意味において
です。具体的なロジックについてではありません。

 これは直ちに、もうちょっと深刻な問題を招きます。
「コンパイル言語には、機械語で組み立てられたライブラリが必ず付属
する。コンパイル言語でプログラムを作るときにはこのライブラリを必
ず利用する以上、そのプログラムには“出来合い”のライブラリの内容
が自動的に組み込まれるではないか。つまり言い換えれば、“ユーザー
は言語メーカーの掌の上で踊ることになる”ではないか」
 実はそのとおりで、従ってどのような言語パッケージにも、「このパ
ッケージを用いてユーザーが作成したプログラムには、うちの会社は
著作権を主張しない」という意味の但し書きが入っているわけです。
(マイクロソフトに至っては、シェア拡大のために、VBRUN.DLLの配布ま
で自由にしている)

 だから(脱線ですが)マジな話として、HNSには、「このソフトを利用
して作成したデータの著作権は、ユーザーに全て属する」というような
意味の但し書きを入れておいたほうが、親切だと思いますよ。


No.640  正義なき白き翼の秩序 Name:道化師  1999年05月16日 (日) 01時11分

「エンドセクター」については特に進展なし。ロゴスルート(天使・理想の世界側)を
やり直してます。カードの収集率はやっと75%程度まで行きました。まだ先は長いです。

>スノースさん
>レアアイテムなどに関してはどうせ持ちきれなくなるということで
>そんなに気にせずにやってます。
アイテム集めに情熱を燃やす時の第2条件ぐらいにあたりますよね。>所持数
やっぱりアイテム欄を全種類のアイテムで埋める事に意味があるというか快感を覚える(?)
というか…。ちなみに第1条件は「アイテムの種類の豊富さ」。
>ラグナキュール
まさか↑これをプレイした事がある、ましてや好きな人が私の周りにいるとは思いません
でした。(^^; 売っておいてなんですが面白いゲームでしたよね。キャラや武器のLVの
上限もかなりの高さがあって極めがいがありましたし(武器については複数のセーブデータ
を使うズルをして“闘神の爪”を999まで鍛えましたが)。あ〜、攻略本見てたらまたやり
たくなってきた……(笑)。ちなみに私の中でのお嫁さん候補No.1はリーヴだったりします。(^^;
(2番目は……甲乙つけがたいです。このゲームってキャラがすごく立ってたと思います)
続編(レジェンド)発売は…未定ですか。夏休みに買い直してやり直すかも。

>gezigeziさん
>>“組み合わせの妙”即ち「セーブデータの状態」
>だとすると、ワープロの文章もたった6万字の文字コードの組み合わせということになってしまう。
>>「予め会社が想定している種々の状態のいずれか」
>だとすると、アートディンクがプレイヤーに負ける説明が付かないわけでして・・・
えっと一応これは私の書き込みへのレスだと理解して話を進めさせてもらいます。
まず、私は「カルネージハートのセーブデータは「予め会社が想定している種々の状態の
いずれか」であるとは必ずしも思ってませんし、むしろ「著作権は成立する」側に入るので
はないかと思っている」事をご理解していただきたいと思います。
“ワープロの文章もたった6万字の文字コードの組み合わせということになってしまう”という
ことですが、“組み合せ”となると実際には無限に在って決して6万に限定されてしまう有限
のものではないと思いますし、そもそも一般に言う“ゲームのセーブデータ”と“文章”とは
同列には扱えないのではないかと思うのですが。(文章は“文字コードの組み合わせ”に意味
があるのではなくそこに書かれている内容に意味があるのに対して、セーブデータはゲーム
上でのある状態を再現するというその機能から、まさにその組み合わせ自体に意味があるもの
だと思います)
“アートディンクがプレイヤーに負ける説明が付かない”ということについては、上で述べ
させて頂いた通りそれは制作者側も思いつかないような“組み合わせの妙”であって、
それこそカルネージハートのセーブデータは「予め会社が想定している種々の状態のいず
れか」を記録するだけのものではないということで、それについては私は反対した覚えは
なく、むしろ「個別の事例ではそういうこともままあると思います」と賛同したつもり
だったのですが…。何か誤解を与えてしまうような書き方になっていましたら、謝らせ
ていただきます。m(_ _)m
>64DD
後継機には下位互換がないのでこれからのタイトルのラインナップにもさして期待はでき
そうにありませんしねぇ(「オウガ3」は別)。“任天堂のメンツ”以外に出す意味が
あるのでしょうか。
>まあ、PS2と差別化するのに苦労してそうですね。
コンセプトだけ見るとPS2とほとんど一緒なんですよね。(^^; 任天堂の企業ブランド
下がりそう…(でも株価は発表後非常に好調ですが)。


No.639  カルネジ+いろいろ Name:gezigezi  1999年05月15日 (土) 12時03分

>“組み合わせの妙”即ち「セーブデータの状態」
だとすると、ワープロの文章もたった6万字の文字コードの組み合わせということになってしまう。

>「予め会社が想定している種々の状態のいずれか」
だとすると、アートディンクがプレイヤーに負ける説明が付かないわけでして・・・
実際、何処かの雑誌上で戦った記録では、アートディンクのスタッフがごく普通に戦う機体を出してきたところ、
ニフティ側は敵の弾が切れるまで壁に隠れるという機体を投入。
そもそもアートディンク側はそんなことが可能だとは思っていなかったらしいですね。
他にも月影(一番弱いとされる機体)で4*4のプログラムでほぼ全ての機体に対して
安定した強さを発揮する伝説の機体「青の騎士」とか
(分かる人には分かると思いますがデススフィア降らせても勝つときは勝ちます)
まあ、いろいろありましたが、ZEUSが前ほど盛り上がらなかったのが少し残念でした。
やっぱりパソコンで出せ〜!>アートディンク

>アーク2
>「炎の剣」ぐらいは狙ってみるかなとも思ってますけど。
うわぁ! あれは大変。
たしか、とんでもない出現条件だったはずです。
それから、もし「うににゃんの靴」という物を手に入れたらそれが如何なる物か教えて欲しいです。
私がやったときは最後まで手に入りませんでしたから。
個人的に気に入っているのはちょこの最終形態だったりする

>64DDってなんだったんだろうか?
私はZIPドライブだと聞いていましたが、このままでは無意味になってしまいますね。
こうなったら、いっそ開き直ってHDDでも載せたらどうだろうか…。(それじゃパソコンだって)
まあ、PS2と差別化するのに苦労してそうですね。


No.638  アーク2 Name:スノース  1999年05月15日 (土) 07時26分

>アーク2

私が今ごろアーク2をやっているのも正に3にそなえてですからね。
データの引継ぎが出来るのは楽しいです。
私の場合古いゲームをやる場合はそれなりのデータを調べてから
プレイするのが常なんで、今回もやっぱりその手のデータは前もって
調べてあるわけなんですが確かにラスボスがとんでもないHP
らしいですね。
レアアイテムなどに関してはどうせ持ちきれなくなるということで
そんなに気にせずにやってます。「炎の剣」ぐらいは狙ってみる
かなとも思ってますけど。

>ラグナキュール

私もやってましたよ〜。このゲームは非常に気に入ってまして
3回ぐらいはクリアしました。続編に向けてちゃんとデータも
取ってあります。対戦大会も何回かやりました。ただこのゲーム
の場合育て方によって強くなりかたが全然違う上にキャラ差を
簡単にはひっくり返せないシステムなんで対等な対戦をしようと
思えばあらかじめ条件を細かく決める必要があって大変でした。

>改造ネタ

全国紙うんぬんはちと無理がありましたか。確かに殺人の仕方
とかの例を出されるとそうかなと思います。で、今度は親告罪
についてですが「訴えられて始めて問題になる」場合
訴えられるまでは法的には合法なのか違法なのかということ
なんですけどこれはどうなんでしょう?
それとも「訴えられるまでは問題なし」として気軽に考えているのが
私で「訴えられないようにあらかじめ気をつける」というのが
Caujun さんの立場ということでその認識の違いがあるということ
でしょうか?


No.637  秩序なき黒き爪の正義 Name:道化師  1999年05月15日 (土) 00時11分

最近は過去ログ作りもなかなか大変です(嬉)。←公開こそしてませんがちゃんと取って
あります。それはもう一番最初の頃のから…。

#エンドセクター
相変わらず独り言は続きます。先日やっとパトスルートをクリアしました。やっぱり幼な
じみは死んだままで、EDでは“理想の世界”が消失しました。小賢しい論理を並べ立てる
天使達を木っ端微塵に(文字通り)粉砕する最終章はなかなか痛快ではありましたが。
それにしても悪魔に支えられた“欲望と意志の赴くまま”な世界なんて住みよいとは思えま
せんが。
最近はシナリオを進めずに専ら試練場に入り浸って手札の育成&充実にいそしんでます。
一枚一枚カードの種類が増えてそれらを少しずつ強くしていく過程というのはいいもので
す。…こんなことで自己充足している自分もどうかと感じますけど。(^^;

>gezigeziさん
>人畜無題(謎)
突然の転向(笑)。こうなったらここで“無題教GC支部”を旗揚げするしかないです?
>やはりアートディンクの超マニアックなゲームにカルネージハートというものがありますが、
>私はこのゲームに関してはセーブデータが単に「予め会社が想定している種々の状態のいずれか」
>というレベルで考えられないと思っています。
個別の事例ではそういうこともままあると思います。Caujunさんのおっしゃっている
「直子の代筆」(私は知りませんが)等と同じように
>「ライブラリ内の各コードを、“どのように”組み合わせたか」という、
>  “組み合わせの妙”即ち「セーブデータの状態」
にあたるのではないでしょうか。
>で、過去の私の経験から、HNSはシナリオファイルの暗号化に対応しているわけです(笑)
ああ、そうだったんですか(笑)。HNSと著作権との間にこんな接点があったとは…。(^^;
#任天堂の次世代機
ちょっと聞きかじった情報では「スペックはPS2を上回る性能」「最初は任天堂とパート
ナー企業3社(企業名は不明)のみの開発になる。今の所任天堂はその他のソフトウェアメー
カーの参入は考えていない」「出荷時期は2000年末」……。細かいスペックについても
載ってましたが私にはよくわからないのでここでは省略します。(^^;
>64DDってなんだったんだろうか?
何なんでしょうね? さんざん延期していながら…。もっとも私は“N64向けの大容量
フロッピー・ディスク装置”ということ自体知りませんでしたけど。

>サ○マスターさん
>いかんせん相手がいない(TT。
ゲーム的には全然違いですが、「ラグナキュール」というRPGで同じような憂き目に遭った
事があります。このゲームは一プレイではシナリオパートのキャラですら全員を集める事が
出来ない上に、他プレーヤーとの対戦で○勝以上しないと仲間にならないキャラなどもいた
ため、(一応コンプリートを目指していた私は)最初は怒りました(笑)。それでしょうが
なく新しいメモカを買ってきてもう一度最初からプレイし直して新たなデータを作り、それと
前のとを対戦させたりキャラの交換を行ったりして何とか遊び尽くしました。周りにこのゲー
ムをやってる人がいれば、2度目のプレイに費やした十数時間を省略できたのに……。
そのデータも今はなく、ゲーム自体も売ってしまったのですが、そうしたら今度そのデータ
を継承できる続編が出るとか。む〜、早まった。(^^;
>最後にコードを解析して普通にやっていたらできないようなことをする。
結構皆さんやってらっしゃるんですねぇ。私なんて機器もないし(買えばいい)知識もない
(覚えればいい)ので(ネット上で)横から見てるだけですが(言い訳にならない)。
あ、でも「LD外伝」で親の名前や武器防具の名前を変えたりするくらいはしますけど。
(某サイトのご指南のおかげで)
あと「大航海時代」で船の速度を上げたりした事もありましたけど、その船を操ろうとし
たら船がコマ送りのように空間移動してしまいろくに港にも入れなくなってしまった事も…。(^^;
>>昔はもっと重かった(100件表示だったから (^^;)
>あまり体験したくない世界が待っているかも・・・(汗)
その頃は今ほど大容量の御書き込みではなかったのでご想像されるほどのものでもなかった
です。たぶん(笑)。


No.636  カルネージハート Name:gezigezi  1999年05月14日 (金) 21時28分

私は一時期あのゲームのメーリングリストに加入していまして・・・
でも、あまりに情報量が多すぎて、一ヶ月経つとメールだけで30M埋まるんですよ。
でも、みんな日に日に強くなって、大会でも勝てなくなったので一度撤退しました。
その後、ZEUSが出てからまたやり始めましたが、
今度はプログラムのバリエーションが複雑になりすぎて文章のみでデータをやりとりするのが困難になってしまいました。
どうしてあのゲームをパソコンで出さないんだろう>アートディンク
そうすれば死ぬほどネットワーク対戦できるのに・・・
某バグだらけのゲームよりずっと良いと思うんだけどなあ


No.635  ・・・無題な日々が続く・・・ Name:サ○マスター  1999年05月14日 (金) 19時25分

たまにはタイトルも・・・。

>カルネージハート
私がアートディンクに染まっていった原因?となった作品です。これ・・・
個人的には楽しいと思っていますが、いかんせん相手がいない(TT。
CPUと戦ってもなんか・・・。

>ちなみに、アートディンクチームはNIFTYの人と対戦してボコボコに負けてますから(笑)
なんとも・・・。
これに近いものに最近でたサガフロンティア2。
これのやり込みの一つに「連携をつなげてそのときの最大ダメージ」というものがあります。
某ファ○通ではこれの募集をしていたりもするのですが、開発ルーム内での
最高ダメージは20000ほど。
でも、やろうと思えば100000ぐらいは簡単?にでる。
開発ルームとかならステータス関係とか最大、装備も最強だと思うだけに
逆に何故このくらいのダメージが出るのか不思議だったりします。
あとはXiとかもなんですが・・・。
これ系とかとは逆の格闘ゲームになるとこれは一変したりするのですが。
格闘ゲームになると非常に上手い人たちが多かったりします。
開発している以上やっぱり時間がないのでしょうかねぇ。
・・・あまり関係ないか。

>私なりのゲームの楽しみ方
・取りあえず一回クリアする(ストーリーなど複数存在する場合は全てをひっくるめて一回)
・それから色々とやり込む(大体人がやりそうにないこと。どちらかというと
いろんな人がやることはあまりしない)
・最後にコードを解析して普通にやっていたらできないようなことをする。
(例えばFF[ではデバッグルーム等ですね)
といったところです。

>製作者は捕まったものの、プログラムリストはネット上にばら撒かれたようです。
一度広まってしまったら止めることはできませんからね。
それを手にした方々がどう対応するかによって変わりますが・・・。
世間に広まっている噂みたいなものです。

>昔はもっと重かった(100件表示だったから (^^;)
あまり体験したくない世界が待っているかも・・・(汗)

>Caujunさん
すごい量ですよ、これ・・・(^^;。
ためになります。

>ああ、や、やっとつながったよ…ダイヤルアップ。(;_;) 今日も800回
>リダイヤル。
気合・・・ですね。

> でも、“999階到達者”の残り一人の月来香さんも、常連だったもん
>ねぇ。やっぱり、これは堂々と認めて下さい!(「居直る」ともいふ)
・・・はい・・・。

>改造問題
まさかここまで広がってしまうとは思っていませんでした(^^;。
でも、すみません皆様。
私が問題を提示しておきながらそれに関することを全然書いていなくて・・・。


No.634  人畜無題(謎) Name:gezigezi  1999年05月14日 (金) 17時55分

>セーブデータの著作権
やはりアートディンクの超マニアックなゲームにカルネージハートというものがありますが、
私はこのゲームに関してはセーブデータが単に「予め会社が想定している種々の状態のいずれか」
というレベルで考えられないと思っています。
このゲームはロボットを組み立てて対戦するわけですが、なにしろ
1からロボットの思考プログラムまで組まなければならないので、
完成品は、ほとんどプレイヤーの作品となります。
プレイヤーは自作のロボットに名前を付け、強い物はML等でプログラムが公開され、他のプレイヤーの
対戦相手になります。
ちなみに、アートディンクチームはNIFTYの人と対戦してボコボコに負けてますから(笑)

>また、同じく普通の本屋で私が購入した或る雑誌では、警察のデジタル
>無線を、革マル派がどのようにして解読したかについて、かなり詳細に
>解説しています。無線の傍受と内容公開はそれ自体違法ですし、特に警察
>無線の傍受・暗号解読は、何だったか(忘れちった)の法律に抵触します。
ぬぬ、ラジオライフ?
そう言えば、ゲームラボは元々ラジオライフの別冊でしたね。

>“ハッカーを気取る”方が技術の良い勉強になります。
そう言えば、私もMSX時代にゲームを自力で改造した事があります。
最初は大戦略のユニットデータ改造から始めて、ある時ふと思い立ってテグザーを改造し始めました。
(ゲームアーツ作、スクウェアがファミコンに移植した物ではない)
このゲームは、昔のゲームらしくエンディングは無し、最後まで行くとループするものでしたが、
最後の頃は対応しきれない程の敵が出てきてどうやっても一周できないので、せめて最終面だけでも見たいと・・・
で、ディスクに書かれているファイルを逆アセンブルしました。
しかし、これだけだと巨大すぎて意味不明なので、
最初にゲーム中にHPの最大値が255を超えるのでHPの格納には2バイト使っているのではないかと予測、
次にプログラム中から2バイトで使用できるレジスタからの減算命令をリストアップ(HP減算処理のサーチ)


(以下略)
で、壮絶な苦労の末、最終的に時機の無敵化を実現しました。
成功した時は結構、感動モノでした
当時のゲームは最初からアセンブラで書かれていたので、こんな事も可能でしたが、
今は複雑になりすぎて私にはコード改造はとても無理です。
(あ、でもパソコンのゲームのセーブデータ改造は昔より遥かに楽になりました。)

私の個人的なスタンスから言えば
・買ったゲームは一回は改造しないで真面目に解く
・他人の改造コードを入力するだけというのはつまらない。やはり自分で見つけねば

>○ 最後に、例えば「アドベンチャーゲーム」で、
>「次々にイベントを起こさせる」ような改造
> は、「殆どプレイしなくても結末が見えてしまい、プレーヤー間の“盛り
>上がり”、ひいては売れ行きに影響するだろう」から、著作権者がこれ
>を訴える可能性はあるでしょう。
で、過去の私の経験から、HNSはシナリオファイルの暗号化に対応しているわけです(笑)

>PLAYBOYはそのサイトを告訴、正確な金額は忘れたけど、数万ドル単位
>の賠償金を獲得したそうです。
私がこの話を聞いて凄いと思うのは、PLAYBOYが無断転載のサイトをちゃんと発見している点ですね。
(タレコミかもしれませんが)
ネット上の著作権侵害を発見し、しかるべき処置をするのは想像を絶する努力が必要になると思います。
一度野放しになった情報はアングラな領域に流れてしまえば人知れず増殖を続けます。
この世界では、見つからない物=存在しない物という図式が成り立ってしまいますから。
あ、著作権侵害とは関係ありませんが、この間PE-CIHウィルスのソースプログラムを偶然入手してびっくりしました。
製作者は捕まったものの、プログラムリストはネット上にばら撒かれたようです。

>最近重くないですか?(^^;
重いですねえ。
ここで、少し違う話題を・・・
任天堂がなにやら動き出しましたね。
なんでも次世代機を出すとか。
で、DVD搭載とか。
64DDってなんだったんだろうか?


No.633  最近重くないですか?(^^; Name:道化師  1999年05月14日 (金) 09時25分

昔はもっと重かった(100件表示だったから (^^;)ですけど、10件でこの重さは…。
管理人としては嬉しい限りなんですが。

#某所における某氏の某批判的意見について
「新規投稿者の書き込みやすさ」については一般論として一応の収束を見た(「結局はBBSの
雰囲気や常連な投稿者によってそこはかとなく醸し出されるノリや個人の好みに規制される
のではないか」というような)と思うので、まぁ他所のHPの話題でもありますし、当事者不在
の事でもありますので、私の勝手な判断ですが、この話題についてはこの辺でお開きにさせて
いただきます。何卒ご了承ください。m(_ _)m
(もちろんCaujunさんの御書き込みが“一連の状況を説明した”ものであって、“某氏個人に
対する批判”ではなくもちろん某氏への悪意のあるご意見でもない事は承知しているつもりです)

#改造および著作権について
>○ 改造など著作権関連問題の場合に注意が必要なのは、本質的に著作権
>は私的権利であって、親告によって公訴が成立する、ということです。
私なりの見方をさせてもらうと、こういうことになるのかもしれません。
たとえば「電撃プレイステーションD」などに収録されている「スペシャルデータ」も
“セーブデータの書き換え”の範疇に入るが、これはおそらくそのソフトの売上向上を
狙って(「こんなセーブデータがあるなら、ちょっとやってみてもいい」と思う事もあるはず)
“当事者が了承”したものである(もっともこの部分は雑誌のセーブデータの紹介記事の欄に
Copyrightの表記があることから判断しているに過ぎないのですが)から違法にはならないが、
もし同じデータをメーカーから許可を受けていない個人なり団体なりが配ったとしたら、それを
“違法だ”といわれてもしょうがない、と。
このことに関する私の立場は「危うきに近寄らず(でも私は“君子”じゃありません、決して
(笑))」です。
>セーブデータの著作権
については、Caujunさんにも言及してもらっている通りです。
>コナミの件
今回の書き込みの本題は実はこれでして…。(^^; 検索してみたところ下記URL
 http://ha1.seikyou.ne.jp/home/ueno/
(著作権法学情報→判例→平成11年と辿っていただければコナミの事例が見れます)
でこの件に関するあらましを知る事ができました。以下要約しますと、
 「ときメモ」の結末を簡単に再現できるデータを記録したメモリーカードを販売したのは
 ストーリーの無断改変にあたるとして、コナミがスペックコンピュータに対し、約1000万円
 の損害賠償を求めた。原審判決は同一性保持権に基づく請求を退けていたが、本件控訴審は
 原告の請求を認容し、約115万円の賠償を命じた。その際、ゲームソフトについては、
 『ゲーム映像』というべき著作物を形成しているとした。
ということだそうです。“著作権者の許可を受けていない”セーブデータの改変(というか
改変データの配布?)は法的にも正式に“違法である”と判定された…ことになるのでしょうか。
この事例は
>最後に、例えば「アドベンチャーゲーム」で、「次々にイベントを起こさせる」ような改造は、
>……(中略)……著作権者がこれを訴える可能性はあるでしょう。
という一つの実例になるかと思います。そして判決も“指針”として有効なものになるの
ではないかと。

普段のような書き込み(エンドセクターについてはまだ語ります・笑)やレス(今回触れて
いない“改造関係ネタ”等も)は夜にまたさせていただきます。「改造問題」について少し
材料を提供したかっただけなので…。(^^;


No.632  改造無題(2) Name:Caujun  1999年05月14日 (金) 00時47分

○ コメント
>プログラムの著作物を電子計算機においてより効果的に利用し得る
>ようにするために必要な改変は認められています
 同一性保持権の適用除外事項(第20条第2項の三)ですね。仰有る
とおりです。但し、法律屋諸氏の文章を見る限り、これは、我々に判る
言葉で言うと

「ユーザーは、勝手にパッチを作ってもよい」

と言っているだけで、内容に関連する場合に適用するのはまず無理だろ
うと思います。もしこれを内容的な部分にまで拡大すると、事実上
“何をやってもOK”になってしまいますから。

 つまり、“バグだらけのルナドンIII”は、起動できる以上、「電子
計算機において利用し得る」状態なわけです(日常的感覚では、「とても
“利用できる”なんていえん」けどね)。これに対するパッチは、エラー
の発生を減らす、という意味で「より効果的な利用」をもたらすわけ
ですね。この除外事項は、その程度の意味でしかないと考えます(言い換
えると、「ユーザー私家版ルナドン・パッチ」は合法です)。

>「コードの改造」というのはそもそもどんなものを指すのか
 最も極端な場合としては、プログラム自体のコードの書き換えまでが
含まれるでしょう(俗に“コピーツール”などと呼ばれたバックアップ
ソフトの場合、プログラム内のコピープロテクトの部分を無効化して
いるわけです)。
 このケースについては、違法となることがほぼ確定したと考えていい
でしょう。まさに上記の“プロテクト外し”によって、違法性が確立す
ることに“なってしまいました”。
 私個人の“好み”からすれば、“プロテクト外し”は「より効果的に
利用し得るようにするために必要な改変」に過ぎないのですが、現実には
既に、WTOの決定によってバックアップツールの販売は全面的に終了し
ました。(ソフトウェアの供給メディアがFDからCD-ROMに移行したのも
大きな理由ですが、販売が終了した理由はそれではないようです。実際
に私は或るバックアップソフトのユーザーでして、CD-ROM移行後もその
ソフトが新データをリリースしていたことを知っていますが、WTOの決定
後、そのソフトはその会社のweb-pageからすら“封印”されてしまいました。)
 ですから、当座問題となるのは、“セーブデータの書き換え”だと考えます。

>セーブデータの著作権はプレイヤーにあってもいいと思いますが…
 この“感じ”はよく判ります。が、既に道化師さんがコメントされて
いるように、セーブデータは(「プレーヤーキャラの名前」のような
部分を除けば)全て「予め会社が想定している種々の状態のいずれか」
を記録する代物ですから、一から作成する文書などとは違うと考える
べきでしょう。
 例えば、「直子の代筆」のような(…マニアックか?)、「出来合いの
文章を組み合わせる」ケース、或いはプログラムのライブラリからコー
ドを抜き出して組み合わせるようなケースと対比する方が近いと思いま
す。すると…「ライブラリ内の各コードを、“どのように”組み合わせ
たか」という、
  “組み合わせの妙”即ち「セーブデータの状態」
については著作権は成立するでしょうが、
  「個々の(部品としての)コード」即ち「セーブデータのパラメータ」
については、ユーザーには著作権はないでしょうね。

 コナミの件は、私も、どうなったのか記憶にありません。しかしいちばん
可能性が高いのは、“和解”でしょうな。所詮、金の絡んだ話ですから…

>全国紙で話題に出来る→違法になるわけではない
 えーっと、まず一般論として、それはちょっと危険かもしれません。
例えば、再び下品な例を挙げますが、

「ソープランド(つまり売春宿)の“サービス”を紹介する」雑誌って、
確か存在したと思いますけど(私は“プロ”は守備範囲外なので(^.^;;、
この件は詳しくない)、売春は合法じゃないですよね。

 この例を続けると、ソープは個室に覗き窓を設けて、売春行為が行わ
れていないことを個室外から確認する…という大義名分で存在している
わけですが、実際には売春宿以外の何物でもありません。実際、警察は
時々手入れをやります。そして、特にアングラでない(普通に本屋や
キオスクで売っている)雑誌に、風俗について記事が載ることはありますよね。

 もう一点、「下品ではないが極端な」例。「殺人」は言うまでもなく
違法ですが、「殺人方法」について議論することは違法ではありません。
例えば私は、各種の殺人方法について詳細に説明した「ザ・殺人術」と
いう本を持っていますが、これは普通の本屋で購入したものです(ちょうど
その横には、「完全自殺マニュアル」なる本が平積みになっていた)。

 また、同じく普通の本屋で私が購入した或る雑誌では、警察のデジタル
無線を、革マル派がどのようにして解読したかについて、かなり詳細に
解説しています。無線の傍受と内容公開はそれ自体違法ですし、特に警察
無線の傍受・暗号解読は、何だったか(忘れちった)の法律に抵触します。

 大雑把に言って、ここには2つの原則が働いていると考えるべきでしょう。
1.話をすることと、実際にそれを実行することは違う。(話だけなら
合法でも、実行は違法)
2.特に出版業界は、「言論の自由」という一種宗教じみた概念によって、
“治外法権的に”護られている。
 例えば、先年連続した、未成年者による弱者惨殺事件で、一部の雑誌
は「少年法違反となる」のを承知で、犯人(未成年者)の写真を掲載しま
した。この件はもめていますが、「自動的に雑誌回収」というような
ことにはなっていません。これはつまり、出版社が、
  「言論の自由は憲法によって保障された権利。憲法に規定されて
 いる以上、少年法という法律の規定よりも優先される」
という立場をとっているからです。

 従って、一般論として、「公に述べられている」からといって、「実行
しても違法ではない」とは断定できないでしょう。

 次に、具体的にゲームの場合ですと、
「法的には違法でも、著作権者が“文句を言わない方がbetter”と考え
ている」
のなら(そして大多数はそうでしょうが)、問題にはならないでしょうね。
また一部の雑誌の場合でしたら、宣伝の意味で、著作権者が積極的に
黙認(?)しているかもしれません。
 但し、私が少々心配しているのは、一般に企業は、
  「強い相手には弱く出て、弱い相手には強く出る」
ということでして。雑誌相手にはおとなしくても、個人相手には牙をむく
かもしれません。

○ 最後に、例えば「アドベンチャーゲーム」で、
  「次々にイベントを起こさせる」ような改造
は、「殆どプレイしなくても結末が見えてしまい、プレーヤー間の“盛り
上がり”、ひいては売れ行きに影響するだろう」から、著作権者がこれ
を訴える可能性はあるでしょう。

 これはゲームの場合、比較的良い指針を提供するかと思います。私が
“館”で“大声を張り上げた”ときは、新しく投稿した人が「改造して
イベントを次々に起こさせたいんだ」という意味のことを書いたので、
問題提起する必要がある、と思ったんですね(でも、「その人を批判し
ているわけではない」ような形で書くために、結構苦労した)。

もう一つ、ネットの場合に注意が必要なのは、日本企業は比較的この種
の問題には鷹揚ですが、海外の企業はそうでもない、ということです。
ネットは元々“国境がない”ですから、“末端の”個々のユーザーでも
平気で告訴する海外メーカーが“徘徊”している以上、慎重な方がよい
と私は思っています。
 一般論として、BBSでその種の議論をするか否かは、webmaster氏が
決定されることですが、あまりに露骨なその種の議論は、警察のネット
上への介入を招くだろう(“サイバーポリス”とかもできたし)、という
のが私の印象です。しかもその場合は、特に海外の世論も、“ネット上
への警察の介入を非難する”方向には動かないでしょう(「他人の権利」
のため、と称して戦争を始めるような人たちだから…というのは問題発言か)。

 先日、或る海外のアダルトサイトが、PLAYBOY社が版権を保有する
写真を掲載したんだそうです(何故そーゆーことを知ってるかは、ひみつ)。
PLAYBOYはそのサイトを告訴、正確な金額は忘れたけど、数万ドル単位
の賠償金を獲得したそうです。
 セーブデータの改造は、これほど明確な権利侵害ではないとはいう
ものの、「慎重であるに如くはない」というのが私の印象です。


No.631  改造無題(1) Name:Caujun  1999年05月14日 (金) 00時41分

 ええっと、今回この話題が出たきっかけの一つは、私が「太陽の館」
で息巻いた、という話ですから、当時私が投稿したことを下敷きに、
少し議論を整理して私見を述べさせていただきます。

○ まず、この議論をするに当たっての私の「議論上の立場」について

 大前提として、私は法科出身ではありません。これには二つの意味が
ありまして、一つは明々白々な「私の法律知識は少々怪しい」ことです
が、もう一つは「私は必ずしも、法の遵守が“良いことだ”と思って
発言するわけではない」ということです。喩えていいますと、私の立場は、

  「殺人は悪いことだから、してはいけません」というものではなくて、

  「殺人をすると(必ず)捕まりますから、してはいけません」という
ものです。

 これは必ずしも、私個人の思想を反映しているわけではありません
(例えば私は、凶悪犯罪に対しては倫理的にも超強硬派です)。しかし
「価値観」を反映させた議論は客観性に欠けますから、今回はその手法
は採用しません。

 次に、「現行の法理論・法体系のみに基づいて議論を進める」ことで
す。具体的にいうと、「“人類の発展のためには”これこれの方が良い」
という類の議論は、一切採用しません。何かの法律が必ず新採択される
ことが確定しているのなら話は別ですが、実現するかどうか判らない
法律に基づいた議論は、少なくとも私が意図している議論では無意味で
す。この立場を放棄して、
「コンピュータ関係の法律は未整備なのだから、どのような法律が新た
に必要か、同時に考えよう」とやると、
  「○○は許される」と
  「○○が許されるといいなぁ」
がごちゃ混ぜになります。しかし警察や法律家は、たとえ法体系が未整備
であっても、「現行の法律だけ」で動きます(例えば脳死移植法が成立
する直前、脳死に陥った患者から臓器を摘出した医者を、警察が殺人容疑
で取り調べたことを想起されたし。法律家は“人間ではありません”。
“そのときに存在している法律のみに準拠して行動する”ロボットです)。

 この立場は、既に投稿していらっしゃる皆さんとは立場が違うかと思
います。が、「元々」私は、太陽の館ではこのような立場で投稿したん
ですね。ですから、これ以降も、この立場で論じます。「どのような
法律が必要か考えよう」という議論は、別の意味で興味がありますから、
それは別のアーティクルで討論できることを期待しますが。

○ 改造など著作権関連問題の場合に注意が必要なのは、本質的に著作権
は私的権利であって、親告によって公訴が成立する、ということです。
つまり、何らかの理由で著作権者が著作権の行使を全面的に放棄した
場合、(例えば或る種のフリーウェア)、その著作物に対する如何なる
処理(改変や再配布など)も、権利侵害を構成しません。
 しかし一方、「権利行使の放棄」を明言していない著作物に対して、
「著作者は(まだ)何も言わないから大丈夫だ」と思って改変などを行っ
ていた場合、“後から”「それは権利侵害だ」と言われても、「知らな
かった」では済まされない、という現実があります。改変などは厳密に
は著作権者の意志に反していないことの確認が必要な筈で、その確認を
していない以上、「しかし明らかに権利侵害ではないか」と“後から”
言われても、反論はできません。

 非常に品のないアナロジーになりますが、明確に判る例として「強姦
が親告罪である」ことを連想すればよいでしょう。強姦はまさに、女性
側の「意志」に反しているか否かによって、犯罪性が全く変わります。
また、仮に女性の意志に反していても、女性が親告しなければ立件され
ません。しかし、「これは強姦じゃないぜ〜♪」とタカをくくっている
と、“後から”逮捕される、という可能性もあります。

 私が著作権関連でとっている立場は、上の品のないアナロジーを利用
して言えば、
「後から強姦だと告訴される危険があるくらいなら、最初から“寝る”な」
ということになります。

 現実問題として、性的な場合でも、情報処理の場合でも、「やるな
やるな」の方針では、物事は全く前進しないでしょう。恋愛はそんなに
単純な問題ではないし、“ハッカーを気取る”方が技術の良い勉強に
なります。私個人としても、「全てについて消極的に」「石橋を叩いて
渡らない」のがよい、とは思いません(私はスケベだ)。しかし、現在は
最初に述べたように「価値観を反映させた議論は行わない」ことを前提
にしていますから、「そんなことを言ってたら、何一つ達成されない」式
の反論は考慮しません。

○ さて、収益を目的とする企業が販売しているゲームの場合、著作権
の行使は「収入」と密接に関連するのが普通です。これについては、
当時私が“館”に投稿した内容から抜粋(一部修正)します(議論の行き
がかり上、当然この中ではアートディンクの行動について論じています);

(i) 実際問題として、バイナリエディタなどでプログラムを解析したところ
 で、解析した 痕跡が残るわけではなく、これは“密室での出来事”に過
 ぎない。ミスター・クリントン に倣って知らぬ存ぜぬを決め込めば、何
 をしようが問題になりようがない。但し、解析に よって得られた知識を
 何らかの形で(文章、或いは別のプログラムで)披露すると話は別 で、
 (同じ喩えで言うと)これは“染みつきドレス”つまり“動かぬ証拠”と
 なる。

(ii) 「その方が面白い」「プログラムの勉強になる」などの理由でプログ
 ラムやデータファイルを書き換えると、これは(法的には自動的に)同一性
 保持権の侵害になる(仮に実行したとしても公表はできない)。

(iii) 但し(ii)の場合であっても、アートディンクが「気にしないよ」と言
 えば問題にはならない。何故ならば、著作権は私的権利であって、当事者
 が了承すれば問題はないのだから。

(iv) 要は収入の問題なのだから、アートディンクを含む著作者は通常、
 「収入を減らさないよう」な行動をとることが想像される。あまりにうる
 さく著作権を主張するとユーザーからそっぽを向かれ、結局収入は減るだ
 ろう。しかし「この行為を見過ごすと、却って収入が減る」と判断した場
 合は、著作権を行使して他者の行為を禁止するだろう。

(v) 但しこれは「想像される」だけであって、理論的には、「他者の行為を
 全て禁止」することは可能である。例えば政治的・宗教的理由などから、
 (その結果大衆に嫌われて収入が減ることになってもかまわずに)著作者
 が著作権を行使しまくることも考えられる。「権利の濫用」と判断されな
 い限り、これは他者が阻止できることではない。

○ 次に皆さんのご意見への私の考えですが、ちょっと長くなるので、
次の投稿に分割…


No.630  無題なき題 Name:Caujun  1999年05月14日 (金) 00時38分

 ↑意味なし。(^ ^;;

 ああ、や、やっとつながったよ…ダイヤルアップ。(;_;) 今日も800回
リダイヤル。

>全ての生物は食の前には平等
 「四つ足のものは机以外全て食う」というやつですな。

>繋ぎっぱなしも夢じゃなくなる…かも
 「ISDNにして24時間つなぎっぱなし」は無理でしょうけどね。プロバ
イダーが嫌がる(あはは)
 でも、ということは、現在の「定額制プロバイダー」は一斉に、「連続
n時間接続まで」という契約条件に変更するでしょうな。 

>不快醜悪反吐撒き散らしなマンガがありまして、その号以降買わなく
>なりました
 (抱腹)

>幾何学が生み出した美の極みだよ
 教養部時代に、心理学の教授が授業で話してたなぁ。向精神薬を注射
した蝿を蜘蛛に食わせて、巣を張らせるんだって。マリファナだっけ
何だっけの餌だと、縦糸ばっかりで、“手抜き”の巣になり、コカイン
だか何だかだと、“異常に精密な”巣を張るんだそうな。
 心理学の授業じゃ、この話「だけ」を覚えてるんだけど、正確な話は
どこを見たらいいのかわからん…

>隠してあるのがもったいないです
 ですよねぇ。

>もう終わった話
 んー、「文章の流れ」ねぇ…まぁスノースさんの解釈の場合、「入り
にくいと言われれば,それも分かるような気もします」という部分は、
  “w-氏が公式BBSに入りにくいと思ってるのなら、それはまぁわか
るけどね”
という意味に解釈するんでしょうけど、全体のトーンからすると、あれ
はそういう好意的な発言じゃないと思うんですが。「すぐOS側に言及さ
れるのも相変わらずですなあ」って表現なんか、ずいぶん挑発的ですし
ねぇ(特に、相手のw-氏って、歴とした工学修士だしねぇ。まぁ学歴資格
そのものは大した問題じゃないけど、“それなりに意味のある発言”に
対しての非難だからなぁ)。

 というより、あの人は、公式BBS自体を見てないですよ。それは、
「>バグのないアプリ」という部分で彼の書いていることを見ると、
判ります。長くなるので端折りますが、w-氏が公式BBS中の特定の発言
について批判したのを、一般論と解釈して逆批判してますから。もし
公式BBSを見てたら、ああいう文章にはならないです。
 「もちろん、○○(略)を支持するものではありません」とあの人自身
が書いていますけど、公式BBSにあったのは、「○○を支持する」と
解釈できる発言でしたから。
 まぁだからこそ私は、「9日間で6回投稿しているやつに、“特定の人
ばかり”なんて言われたくないわい」と思って逆襲したんですけどね。
(でも私はもっと多いのだが(汗))

 もっとも、スノースさんの真意が、「これこれしかじかの意味に解釈
しておいた方が、自分自身の精神衛生のためにも良いぞ」ということで
したら、それはもう、一言もないところです。(^_^ゞ

>これで失敗したら、かるた会社に戻ってしまいそう・・・(汗)
 (爆笑)

>反論できないところが何か悲しい
 でも、“999階到達者”の残り一人の月来香さんも、常連だったもん
ねぇ。やっぱり、これは堂々と認めて下さい!(「居直る」ともいふ)

>・・・(^^;。
 (^o^;;;…

 んー、で、「気持ちの悪い虫特集BBS」に危うくなるところだった
(あはは)状況を救ってくれた、救世主の「改造問題」は、面白いので、
次の投稿で私見を述べさせていただきま〜す。


No.629  秩序無き正義 Name:道化師  1999年05月14日 (金) 00時08分

スクウェアの株主総会についてですが、年齢等の制限はないらしいですが、やっぱり肉親
じゃないとお断りという事でした。む〜、残念。というわけですので、せいぜい一人で楽しん
で来て、できる限りレポートしたいと思います。でも総会に出ながら試作ゲームでも遊べるの
だろうか…?

#モンスターコンプリワールド
ちょっと検索してみたら「スペクトラル」系のHPで取り上げていらっしゃったので、ここは
とりあえず見送ります。(^^; 買いはしますけど。で、他HPのデータベースがあまり充実
しないようだったらこちらでやらせてもらおうかと…。でもこのゲーム、買うという方が
他にいらっしゃらないんですよねぇ。(^^;;

>鏡さん
>反していると思いますよ。
>確かカートリッジを使うとか言ってたはず…
“書き込み可能”なメディアならいいんじゃないんですか? きっと…。(DVDって一応
出来るんですよね?) でもDVDを選択した理由というのが“大容量”ということなら確かに
任天堂の理念に反してますね。あそこの社長は「ゲームは容量じゃない」っていう信念を
持っていたと思いますけど…。
>64DDが6月発売らしいけどどうなるのやら?
(今更)売れるかなぁ。と私などは思いますが…。それとも最後に一花咲かせようという魂胆?

>スノースさん
>私のペースでは置いて行かれそうです。
どうぞマイペースで御書き込みなさって下さい(書き込みが負担になってしまうようだと、
ここの掲示板の“気軽に意見交換をする”という(一応の)趣旨に反しますし…)。
#改造ネタ
私(道化師)のスタンスは
・自分ではPAR関係には手を出“せ”ない
・手を出している人をとやかく言うつもりはない
・自分のページではそれのみの話題は極力避けて欲しい。どちらかというと「自力でここまで
 できた」「コツコツやった結果こんな記録が出来た(アイテムコンプリートとか)」という
 ような御書き込みの方を歓迎したい
…という感じです。もっともこんな所で改造ネタを披露してくれる暇な方もいないと思い
ますが(苦笑)。

>サ○マスターさん
>このゲームの特徴に前回のデータを引き継ぐことができるってのもありましたね。
>このシステム、個人的に好きです。
前述の通り「アーク」はやったことありませんが、私もこういうシステムが好きです。
もちろんストーリーがある程度つながってなければならないという前提条件はありますが、
こういう要素があるとやる気が俄然違ってきます。キャラにも愛着が出てくるし…。それに
“アイテムの引き継ぎ”なんかがあったら最高ですね。という理由で「アーマード・コア」
シリーズも大好きです。あと、一本のゲームでも2周目以降でクリアデータが活用できる
ものも結構しつこく遊び倒します。最近だと「エンドセクター」「だん商」「イストリア」
などがそうですが…。「クロノトリガー」万歳!!
>Dolphin・・・ですか。
>そうなると、製品名も似たようなものになるのでしょうか・・・。
でもあんまりゲーム機っぽくないような…。それならまだ3D○2(←伏せ字になってない (^^;)
とかのほうがいいのでは。母の人曰く「NM128(“なむ”と発音してました)じゃないの?」
“NINTENDO・松下”…? でも128bitかどうかわからないし…。だいたい“南無”は縁起が
良くないでしょう。
>・・・これで失敗したら、かるた会社に戻ってしまいそう・・・(汗)
「正面事業の再評価」という時代の波に乗ってるのかもしれませんよ(笑)。
>あのゲームはきっと開発者もクリアしていないんだろうなぁ・・・。
デバッグの時は…?(^^;

>くろさきさん
>カートリッジわざわざ2つ差さなくても裏技が使えるようにするプログラムというのがありました。
どんな防衛手段をとっても結局裏道を作られてしまうんですね。でもよくやるなぁ…。

>gezigeziさん
>「ライブラをかけた時セルフィを上下方向に回せるようになる」
(苦笑)たしか普通にやってると回せないんですよね。「スカートの中が見えない!」という
悲痛な書き込みを当時いくつか見ましたけど。(^^; …で、結局どうなってるんでしょう?
>なんだか、執念のようなものを感じるぞ(笑)
欲望は人間の活動の原動力、執念は持続力(笑)。


No.628  (無題) Name:鏡  1999年05月13日 (木) 23時40分

サ○マスターさん>
何度かお見かけしたことはあるのですが、直接レスを付けるのは初めてですね。
ということで初めまして(笑)
>う〜む・・・某機種みたいにソフトだけで29800とかにならないといいのですが。
なにか勘違いをされているような…(^^;
任天堂の次世代機はDVDを使用します。
ただ前に「容量が大きければおもしろいゲームができるわけではない」
というような発言をしたんです。
それで「カートリッジを使う」という発言もした(はず)なのに
今回DVDを使うというのは矛盾しているのではないか?
ということです。

>アーク
2のボスは強いというか、間違った強さのような…
まともにダメージを与えられる一人以外はサポートにまわらないと
いけないところがなんとも…


No.627  カブトムシの幼虫は不味いらしい Name:gezigezi  1999年05月13日 (木) 14時23分

>ゲームラボあたりでは当たり前のように特集を組んでますが
そう言えばゲームラボだったと思いますが、
FF8を改造してスコールがラインダンスを踊るとか、
パーティーがオメガウエポンよりでかくなるとか、変なのが載っていました。
その中に、「ライブラをかけた時セルフィを上下方向に回せるようになる」
という、さらに下らない改造が載っていて、思わず笑ってしまいました。
なんだか、執念のようなものを感じるぞ(笑)

>アーク
たしか2のラスボスは相当歯ごたえがあります。
でも、やっぱりこのゲームの主役はちょこだ!(謎)
そういえば、WOWOWで今、アニメ版やってますね
アニメ版は2の最初の頃から始まってるみたいです。

>武器改造のシステムを導入しているゲームゆえの避けられない
>欠点ですけどね。
たしか、鍛えれば強くなる武器も運が悪いと途中で鍛えられなくなってしまうというシステムで、
このために何度リセットしたことか・・・
それから、このゲームはレアアイテム集めが相当に熱いですね。


No.626  ダブルカートリッジ Name:くろさき  1999年05月13日 (木) 11時38分

>沙羅慢蛇(なんか漢字が違うような・・・)もそうですね。
>どの機種のものかは忘れましたが・・・。
>二つあるカートリッジの差込口のうちもう片方にグラディウス(だったような)
>を差し込んでおかないと真のエンディングがみれないってやつです。

これ、間違いなくMSX版です。
当時コナミはそれ以外にもカートリッジを2つ差すと裏技が使えるゲームが結構ありました。(グラディウス2とか)
でも使うカートリッジはたいていクソゲーだったり...(^^;

で、誰が作ったのか知りませんが、
カートリッジわざわざ2つ差さなくても裏技が使えるようにするプログラムというのがありました。

http://www.kiso.tsukuba.ac.jp/~kurosaki


No.625  むぅ・・・ Name:サ○マスター  1999年05月13日 (木) 11時12分

>スノースさん
>どうも!はじめまして!
どうも、これからもよろしくお願いします。
>アーク
このゲームの特徴に前回のデータを引き継ぐことができるってのもありましたね。
このシステム、個人的に好きです。
データを引き継ぐことで出てくるイベントもありますし。
2は1に比べるとイベントが多かったからかな?
二回目をやる気がおきなかったのは・・・。
でも、私の周りではあまりやっている人がいない(TT。
楽しいのになぁ・・・。
>ゲームラボあたりでは当たり前のように特集を組んでますが
>これって厳密にいけば抜け道があるということになるのでは?
そうですねぇ・・・。
それにPARもそこら辺にある普通の店でも売っていますしね。
前までは秋葉の奥底とかでないと売っていなかったのですか・・・。
あと、コードOnlyの本とかも出てましたね。
どうなんでしょうねぇ、この問題は・・・。

>鏡さん
>開発コード名は「Dolphin」らしいですけどねえ。
Dolphin・・・ですか。
そうなると、製品名も似たようなものになるのでしょうか・・・。
>確かカートリッジを使うとか言ってたはず…
う〜む・・・某機種みたいにソフトだけで29800とかにならないといいのですが。
・・・これで失敗したら、かるた会社に戻ってしまいそう・・・(汗)

>道化師さん
>お書き込みの時間からすると、〜〜・・・
いえ、きっと私のミスです。
すみません。ご迷惑をかけてしまったようで・・・。
これからは気をつけます。
>>ふっふっふっふ。「リンクゲート・ダンジョン999階到達」なんてやる
>>人は、疑問の余地なく、「濃い」んです(道化師さ〜ん…???)
>私だって“好きなゲームに関しては”濃くもなります(開き直り)。
>でも“2回も”潜るような“濃さ”はありません(逃げ)。
(^^;。
反論できないところが何か悲しいのですが・・・。
>小さい頃カタツムリのでっかいやつを2個連続で〜・・・
うっ、想像してしまった・・・(汗)。
>これ本当なんでしょうか。だとしたら確かに侮れない…。
ちょっと前のものですが・・・。
某雑誌でこういう記事を読んだことがあるだけで実際はどうなんでしょう・・・。
ただ、それ系の特集をしていたのでおそらく少し程度は曲げられているかもしれませんが
大体本当のことではないかと・・・。

>gezigeziさん
>そう言えば「ゲテ食」大全(北寺尾ゲンコツ堂著)という本がありますが〜・・・
やっぱり詳しすぎです・・・。
こういう情報は一体どこから・・・。
>#世の中には生身の人間には絶対解けないような恐ろしいゲームもあります
>#例えば里見の謎とか…
ありますね、そういうゲーム。
沙羅慢蛇(なんか漢字が違うような・・・)もそうですね。
どの機種のものかは忘れましたが・・・。
二つあるカートリッジの差込口のうちもう片方にグラディウス(だったような)
を差し込んでおかないと真のエンディングがみれないってやつです。
ここで、PARを使うとその差込口を使用してしまうため、真のエンディングは
みることができない。
かといって、ゲーム自体は難易度が非常に高く、初めてやったときステージ1
でもクリアできたら神ですよ。あのゲームの場合・・・。
こういうのは昔のゲームに見られる傾向ですね。
あのゲームはきっと開発者もクリアしていないんだろうなぁ・・・。

>Caujunさん
>…うん。実は、館でも一度、そういうことがありましたね。
なんと!
あそこの雰囲気だとそういうものとは無縁そうですが・・・。
>というか、「大声でわめいた」のは私なんだけど(^.^;;;;
・・・(^^;。
>特に、「2回もそれをやろうとする」人は…(でもあれは最後、残念でしたね!)
もう二度とやるつもりはありませんよ。あれは・・・。
とくになんかあるわけでもないので。
>「常連」になってしまうとは、思ってもみなかった(滝のような汗)
そうなる運命だったのです(^^。
>スズメバチが巣を作ったことがあります。恐くて、家に帰れなんだ。(;_;)
それはなんとも・・・。
処理するのって大変なんですよねぇ、蜂の巣は。

>くろさきさん
>つまり、ゲームの改造も、それによって新しい楽しみ方が生まれる場合なら
>認められるのでは?
>とか、考えてしまうのですが、どうなんでしょう...
確かにそうですなぁ・・・。
難しいことです。
データを解析したあと、それを公表したりするところにも問題があると思いますし。
でも、そうなるとゲームラボとかの雑誌はとっくの昔に訴えられていてもおかしくないも
のですが、そういう動きはありませんからね。


new : [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] :old
[ SMB 0.46 ]