記事一覧

福島みずほ党首講演会・交流会のご報告

ファイル 137-1.jpg
 3月17日(土)に福島みずほ党首と山内亮史旭川大学学長を迎え『再稼働は許さない!!脱原発へ』をテーマにトークセッションが開催されました.土曜日の午後にも関わらず150名の参加者を迎えての開催でした.

ファイル 137-2.jpg
 山内先生からは冒頭,今回の震災と原発事故で露呈した,過疎地と都市部が分離してしてしまっている「国のかたち」のいびつさと,階層としての中間層が消え,かつ本来個人と国家を結ぶ機能を持つ自治体やコミュニティが疲弊し個人と国家が直接結びつきつつある,新自由主義政策のいびつさが指摘されました.

ファイル 137-3.jpg
 福島党首からは,TPP,消費税増税,原発再稼働を「政治判断」と称して強行しようとする野田首相の政治姿勢,それに迎合するマスコミとの「広報戦」になっている現状の指摘がありました.

 この後はお二人の討論.原子力村の論理で原発の再稼働が進もうとしている中で,「地元の理解」という時の地元とは原発立地自治体だけではない.事故の際被害を被るであろう周辺の自治体や住民が「ウチも地元だ!」と声を上げる大切さ(福井県の原発と滋賀県,泊村と小樽市や札幌市,そして大間と函館市の関係など).被災地とがれき引き受け候補地が引き裂かれ分断されていく問題.自衛隊が津波による無数の遺体を体育館へ安置した後は,すべて地元自治体の職員や教職員がご遺体を清め弔っているにも関わらず,公務員バッシングが止まらない現状への怒り等が語られました.
 そして最後にドイツやイタリア等ヨーロッパの世論と日本のそれの落差の問題が挙げられました.ヨーロッパはチェルノブイリ事故を我が事として考え25年行動してきた.一方,未だ日本の官僚機構やマスコミは,八ツ場ダムも原発も一度動き出したら止めようとしない.ただ,流れは変わろうとしている.一人一人が主体的に考え行動することの大切さが強調されました.

ファイル 137-4.jpg
 第二部は福島党首との交流会.約100名の参加者はゆっくりと,しかし熱く福島党首と交流することができました.

ファイル 137-5.jpg
党「再建」15年目の節目の年に,党勢拡大を誓い合い有意義な会となりました.本当にありがとうございました.

3月17日(土)福島みずほ党首講演会・交流会のご案内

各位
          
2012年2月吉日
               社会民主党北海道連合
               代表   道林 實

 
                              

3月17日(土)福島みずほ党首講演会・交流会の案内とご協力のお願い

 みなさまにおかれましては、日夜ご健勝のこととご推察致します。日頃のあたたかいご協力に衷心より感謝とお礼を申し上げます。
 3月18日党北海道連合第18回定期大会にあわせて、福島みずほ党首が3月17日(土)札幌入りします。以下のように講演会・交流会を開催することとしましたので、ご多忙と存じますが、みなさまの特段のご協力を心からお願い致します。

1 福島みずほが語る 再稼働は許さない!!脱原発へ  
  山内亮史さん(旭川大学学長)と語る

  3月17日(土)午後3時〜5時 センチュリーロイヤルホテル20階
  (札幌市中央区北5西5 電話 011−221−3001)
  参加は無料です。

2 福島みずほ党首を囲んでの交流懇親会
  午後5時 センチュリーロイヤルホテル3階エレガンス
  (上に同じ)
  会費を当日申し受けます。

*多くのみなさまのご参加ご協力をお願いします。ご参加などは、3月12日(月)までにご連絡をいただければ幸いです。よろしくお願い致します。ご不明な点などは、党道連合事務局までご連絡をお願い致します。
 
電話番号 011−708−0667
FAX番号  011−708−0669
E-mail   sdp.hokkaido@ad.wakwak.com

↓クリックすると大きく開きます
ファイル 136-1.jpg

福島みずほ党首旭川講演会・支部事務所開きのご報告

 このたび旭川支部が新しい事務所をオープンさせました.これを記念して2月26日(日)に福島みずほ党首を旭川に迎え,講演会と事務所開きが開催されました.

ファイル 135-1.jpg
 まずは主催者を代表して旭川市議の藤沢 勝旭川支部代表からのあいさつ

ファイル 135-2.jpg
 福島党首からは『「フクシマ」&「消費税増税」を問う!』と題しての講演.まず3月11日夜から12日にかけての官邸との緊迫したやり取りの紹介から始まり,その後の泊などの原発再稼働問題やもんじゅ・六カ所・核廃棄物最終処分場の問題に対する取り組みが紹介されました.
 そして,消費税増税,憲法審査会の設置,「マイナンバー」の導入等かつての自民党政権下でも行われなかったことが次々と実行されようとしていることに触れ,「将来,あの時こうしておけば良かったと思わないように,多くの人たちで声を上げていこう」と呼びかけました.

ファイル 135-4.jpg
 その後は新事務所の集会場に場所を移しての事務所開き.
多くの党員や支持者のみなさんのボランティア作業で,以前のガレージが立派な集会場になりました.関係者の皆さんが創作した油絵や彫刻も飾られ,道北の社会民主党の拠点にふさわしい装いです.
前日までの党大会にも関わらず,党首には事務所開きまでおつきあいしていただきました.

ファイル 135-5.jpg
 日曜日の午後からの開催にも関わらず,講演会には約160名,事務所開きには約50名の皆さまにご参加いただきました.厚くお礼申し上げると共に,社会民主党旭川支部へのますますのご支援をお願いいたします.

2012年 社会民主党 新春講演会 ご報告(追記あり)

 2月4日(土)に新春講演会&新春旗開きが開催されました。
 第一部は森啓先生の「混迷する政治と政党不信を考える」をテーマにした講演会。
ファイル 132-1.jpg
「国家による国民の統治」から「市民による市民の自治」へのパラダイムの転換について熱弁を振るっていただきました。
(追記:森先生がご自身のブログで当日のレジメをアップされましたので,こちらもご覧下さい.http://jichitaigaku.blog75.fc2.com/blog-entry-180.html )

 第二部は新春旗開き。党「再建」15年目の節目の年に、札幌支部連合主催の初の旗開きでした。会場に入りきれないくらい多くの方々に参加していただき、大変ありがとうございました。
ファイル 132-2.jpg

2012年 社会民主党 新春講演会

2月4日(土)14時より札幌市北区民センターにて開催です。参加は無料で、どなたでも参加できます。
講師の森啓さんは、北海学園大学法科大学院講師・自治体政策研究所理事長です。
多くのみなさまのご参加をお願いします。事前連絡は必要ありません。

また引き続いて札幌サンプラザにて旗開きを会費制にて行いますので、ご都合よろしければご協力を心からお願いいたします。
こちらは事前にご連絡をいただければ幸いです。よろしくお願いします。
党事務局電話 011−708−0667

ファイル 130-1.jpg

ファイル 130-2.pdf

(クリックすると別ウィンドウで表示されます)