記事一覧

月刊社会民主2014年10月号 特集『地域の課題と再生への道』

・安倍政権を終わらせるのが原発防災の第一歩
・北海道における核ゴミ最終処分地問題
・日本全土をオスプレイの訓練場にしてよいか?
・リスクがあり危ないリニア
ほか
ファイル 280-1.jpg

読み応え充分。ア○ラや世○に負けていません。定価630円。ぜひご購読をお願いいたします。
ご購読のお申し込みは、こちらのフォームからお申し込み下さい。折り返し連絡いたします。

月刊社会民主2014年5月号 特集『安心の介護をめざして』

・誰が施設を望んでいるのか?
・在宅の高齢者を調べることなく、繰り返される制度の見直しに疑問
・高齢者の負担は限界を通り越している!
【新連載】労働ウォッチ
【カルチャー】「五月雨」などのファンキーさが時代の音~大瀧詠一『大瀧詠一』~
ほか
ファイル 266-1.jpg

読み応え充分。ア○ラや世○に負けていません。定価630円。ぜひご購読をお願いいたします。
ご購読のお申し込みは、こちらのフォームからお申し込み下さい。折り返し連絡いたします。


月刊社会民主2014年4月号 特集『党改革へ 不退転』

・21世紀型の社会主義と社会民主主義を考える
・党改革第1段の論議に加わり思うこと
・新たな市民講座運動と党改革への提言
・「私たちの道徳」は権利と自由をどう教えているか
ほか
ファイル 263-1.jpg

読み応え充分。ア○ラや世○に負けていません。定価630円。ぜひご購読をお願いいたします。
ご購読のお申し込みは、こちらのフォームからお申し込み下さい。折り返し連絡いたします。


月刊社会民主2014年3月号 特集『教育 迫る大転換』

・教育委員会廃止の戦略的文脈
・安倍政権の「教育再生」と教科書制度の改悪
・権力による心の支配のメカニズム
・【新連載】雨宮処凛の世界を掴むいくつかの方法 『「死なない」ノウハウ』
ほか
ファイル 260-1.jpg
「・・・監視国家は,常に教育国家となる.監視されても大丈夫な『よい子』の側に自分が回るために,人びとは『悪い子』の基準を欲しがり,その基準を求めて権力者の顔を仰ぎ見る.そこでは権力にとって,法的な意味での『弾圧』や『強制』は必要ない・・・(権力による心の支配のメカニズムより)」

読み応え充分。ア○ラや世○に負けていません。定価630円。ぜひご購読をお願いいたします。
ご購読のお申し込みは、こちらのフォームからお申し込み下さい。折り返し連絡いたします。


月刊社会民主2014年2月号 特集『日本の食と農 最大の岐路』

・農業の終焉となる「攻めの農林水産業」
・4つの改革という農業「政策見直し」
・正念場が続くTPP交渉
・【新連載】雨宮処凛の世界を掴むいくつかの方法『成果主義のわな』
ほか
ファイル 257-1.jpg

読み応え充分。ア○ラや世○に負けていません。定価630円。ぜひご購読をお願いいたします。
ご購読のお申し込みは、こちらのフォームからお申し込み下さい。折り返し連絡いたします。


ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ