記事一覧

第83回メーデー・アピール

第83回メーデー・アピール

 全国の働く仲間の皆さん、社民党は第83回メーデーにあたって、連帯と激励のメッセージを送ります。
 昨年3.11に発生した大地震と津波は甚大な被害をもたらしました。そうした中、全国の仲間の皆さんが、カンパやボランティアなど様々な支援活動を行ってきたことに敬意を表します。あれから1年以上がたちましたが、復興の足跡は遅々としており、避難生活の長期化が高齢者の健康を蝕むなど、弱者へのしわ寄せが拡大しています。社民党は「人間の復興」・「生活再建」の実現に全力を尽くします。
 とりわけ被災地における雇用調整助成金の改善や失業給付の延長、就労の支援や雇用の創出、経済・産業の再建、東北の資源を活かした新産業育成など、安定した雇用の確保に全力で取り組みます。
 
 東日本大震災に便乗して、派遣労働者を含む多くの非正規労働者が雇い止めにあい解雇されました。だからこそ、労働者派遣法の改正が必要でした。しかし、今回成立した労働者派遣法改正案は、民主、自民、公明の3党によって登録型派遣と製造業の原則禁止が削除されるなど、企業側の立場に立った骨抜きの内容となりました。
社民党は、働く仲間の皆さんとの連帯を深め、労働法制の規制緩和の流れを変えるためにもねばり強く奮闘していきます。
 民自公3党は、労働基本権回復のないまま被災地の復旧・復興に向けて奮闘している公務労働者の給与削減に踏み切りました。社民党は、公務員制度改革関連四法案の今国会における成立と、消防職員の団結権付与も含めた地方公務員の労働関係に関する法律案等の早期国会提出・成立を求めると共に、公務員の労働基本権回復に全力を尽くす決意です。

 さて、野田首相は、消費税増税に「命をかける」とまで発言するなど、『社会保障と税の一体改革』をしゃかりきになって進めています。働く者の給料や物価が下がり続けているデフレ状況の下で、震災復興のために所得税と住民税を増税しておいて、その上に消費税倍増では、個人消費は低迷し、内需と景気をもっと後退させることになります。
 今やるべきは、東日本大震災からの復興、原発事故の収束、国民生活の再建と景気対策に全力を挙げることです。
 
 野田政権は原発の輸出や再稼働を推進しています。東京電力福島第一原発の事故自体も収束しておらず、事故原因究明と新たな厳しい基準やそれに基づく対策もないまま、再稼働を認めることは決して許されません。東電福島第一原発事故の深刻さに直面した日本にとって、進むべき道は脱原発と自然エネルギーの飛躍的拡大です。社民党はあらゆる人たちと連帯して、脱原発の道筋をつけ、自然エネルギーへの転換を推し進めていきます。
 
 憲法審査会の始動を機に東日本大震災を口実にして国家緊急権や非常事態法制などを持ち出して改憲論議を進めようという動きがあります。しかし、震災にせよ原発災害にせよ、憲法前文の平和生存権や憲法13条の幸福追求権、憲法25条の生存権などの憲法理念が脅かされていることの方が問題であり、憲法改正の策動に断固として反対していきます。
 今こそ労働運動が問われているときはありません。働く者の英知と連帯の力で東日本大震災を乗り越え、働く者が大事にされ、平和で安心な希望が持てる社会の実現に向け共に頑張りましょう。
第83回メーデー万歳!

2012年5月1日
社会民主党党首
福島みずほ

第5回自由と生存の連帯メーデーin札幌2012・アピール

第5回自由と生存の連帯メーデーin札幌2012・アピール

 第5回自由と生存の連帯メーデー参加者の皆さん、社民党北海道連合は第5回自由と生存の連帯メーデーにあたって、連帯と激励のメッセージを送ります。
 
 昨年の東日本大震災から1年以上が経ちましたが、未だ復興への道は見えてきません。復興特区や復興庁についても被災者や地域住民の意向を十分に尊重し被災者の生活再建に視するものになるようきちんとチェックしていくことが何よりも重要です。
 被災地での雇用状況、特に女性や一人親世帯ではとりわけ深刻で、雇用問題は最優先で取り組まなければなりません。雇用調整助成金の改善など雇用継続のための助成を支給するよう求めていきます。災害復旧事業や仮設住宅の建設、自治体業務や住民対応機能の維持・充実のため、被災地の失業者を優先的に雇用拡大していきます。
 また、広域避難者のニーズに応じて、総合的に相談できるよう、雇用、保育、教育、介護、補償問題など、避難者の抱える相談事を全体としてカバーするワンストップ型の窓口をつくります。
 労働者派遣法改正案は、民主、自民、公明によって登録型派遣と製造業の原則禁止が削除され、日雇い派遣の原則禁止を一部の例外を除き原則容認するなど、企業側の立場に立った骨抜きの内容となりました。派遣事業に対する規制強化の法改正が2年間も店晒しにされてきた下で、非正規労働者・臨時雇用者は2000万人にも拡大し、その多くはワーキングプア(働く貧困層)と呼ばれ、年収200万円以下の実態を強いられています。
 社民党は、働く仲間との連帯を深め、労働法制の規制緩和の流れを変えるためにもねばり強くこれからも一層奮闘していきます。
 野田総理は消費税増税に突き進んでいますが、デフレ不況の中、勤労者の所得が13年間下がり続けている今、「震災復興増税」を課し、法人税を5%引き下げる一方で消費税の増税を行えば、景気が回復する前に国民生活の底が抜けていくのは確実な情勢です。
 今やるべきことは、東日本大震災からの復興、原発事故の収束、国民生活の再建と景気対策に全力を挙げることです。安易に消費税増税に走るのではなく、不要不急の公共事業、原発関連予算や防衛費、米軍への「思いやり予算」の削減、国から補助金や事業発注を受けた法人への支出の徹底した見直し、高額天下り役員の削減、企業の社会保険の是正、特別会計の積立金・剰余金の活用、租税特別措置など不公平税制の徹底是正、法人税・所得税等の累進強化や資産課税の強化での財源確保が先決です。
 また、震災に便乗した雇い止めや解雇は断固として許すわけにはいきません。労働法制の規制強化を進めると共に、労働組合を敵視するような風潮や公務員攻撃に対しても、労働基本権回復で自律的労使関係確立に転換するために毅然と闘い続ける決意です。
 さらに、福島第一原発の事故原因も未だ明らかにされない中で、放射性物質の汚染問題が深刻化しています。除染や瓦礫処理、食の安全などに取り組むとともに、これ以上の放射能拡散阻止に向けて、再生可能エネルギーの促進に全力を挙げ、泊原発再稼働やプルサーマル計画阻止、TPP参加阻止に向けても全力をあげていきます。
 非核三原則・武器輸出三原則の緩和をはじめ、憲法改正の策動には断固として反対していきます。
働く者の英知と連帯の力で東日本大震災を乗り越え、働く者が大事にされ、平和で安心な希望が持てる社会、公正な正義に満ちあふれた社会の実現に向け、力あわせて共に頑張ろうではありませんか。

第5回自由と生存の連帯メーデーin札幌2012 万歳!

2012年4月29日
社会民主党北海道連合
                      代表 道林 實

↓クリックするとPDFファイルが開きます.
ファイル 140-1.pdf

福島みずほ党首講演会・交流会のご報告

ファイル 137-1.jpg
 3月17日(土)に福島みずほ党首と山内亮史旭川大学学長を迎え『再稼働は許さない!!脱原発へ』をテーマにトークセッションが開催されました.土曜日の午後にも関わらず150名の参加者を迎えての開催でした.

ファイル 137-2.jpg
 山内先生からは冒頭,今回の震災と原発事故で露呈した,過疎地と都市部が分離してしてしまっている「国のかたち」のいびつさと,階層としての中間層が消え,かつ本来個人と国家を結ぶ機能を持つ自治体やコミュニティが疲弊し個人と国家が直接結びつきつつある,新自由主義政策のいびつさが指摘されました.

ファイル 137-3.jpg
 福島党首からは,TPP,消費税増税,原発再稼働を「政治判断」と称して強行しようとする野田首相の政治姿勢,それに迎合するマスコミとの「広報戦」になっている現状の指摘がありました.

 この後はお二人の討論.原子力村の論理で原発の再稼働が進もうとしている中で,「地元の理解」という時の地元とは原発立地自治体だけではない.事故の際被害を被るであろう周辺の自治体や住民が「ウチも地元だ!」と声を上げる大切さ(福井県の原発と滋賀県,泊村と小樽市や札幌市,そして大間と函館市の関係など).被災地とがれき引き受け候補地が引き裂かれ分断されていく問題.自衛隊が津波による無数の遺体を体育館へ安置した後は,すべて地元自治体の職員や教職員がご遺体を清め弔っているにも関わらず,公務員バッシングが止まらない現状への怒り等が語られました.
 そして最後にドイツやイタリア等ヨーロッパの世論と日本のそれの落差の問題が挙げられました.ヨーロッパはチェルノブイリ事故を我が事として考え25年行動してきた.一方,未だ日本の官僚機構やマスコミは,八ツ場ダムも原発も一度動き出したら止めようとしない.ただ,流れは変わろうとしている.一人一人が主体的に考え行動することの大切さが強調されました.

ファイル 137-4.jpg
 第二部は福島党首との交流会.約100名の参加者はゆっくりと,しかし熱く福島党首と交流することができました.

ファイル 137-5.jpg
党「再建」15年目の節目の年に,党勢拡大を誓い合い有意義な会となりました.本当にありがとうございました.

3月17日(土)福島みずほ党首講演会・交流会のご案内

各位
          
2012年2月吉日
               社会民主党北海道連合
               代表   道林 實

 
                              

3月17日(土)福島みずほ党首講演会・交流会の案内とご協力のお願い

 みなさまにおかれましては、日夜ご健勝のこととご推察致します。日頃のあたたかいご協力に衷心より感謝とお礼を申し上げます。
 3月18日党北海道連合第18回定期大会にあわせて、福島みずほ党首が3月17日(土)札幌入りします。以下のように講演会・交流会を開催することとしましたので、ご多忙と存じますが、みなさまの特段のご協力を心からお願い致します。

1 福島みずほが語る 再稼働は許さない!!脱原発へ  
  山内亮史さん(旭川大学学長)と語る

  3月17日(土)午後3時〜5時 センチュリーロイヤルホテル20階
  (札幌市中央区北5西5 電話 011−221−3001)
  参加は無料です。

2 福島みずほ党首を囲んでの交流懇親会
  午後5時 センチュリーロイヤルホテル3階エレガンス
  (上に同じ)
  会費を当日申し受けます。

*多くのみなさまのご参加ご協力をお願いします。ご参加などは、3月12日(月)までにご連絡をいただければ幸いです。よろしくお願い致します。ご不明な点などは、党道連合事務局までご連絡をお願い致します。
 
電話番号 011−708−0667
FAX番号  011−708−0669
E-mail   sdp.hokkaido@ad.wakwak.com

↓クリックすると大きく開きます
ファイル 136-1.jpg

福島みずほ党首旭川講演会・支部事務所開きのご報告

 このたび旭川支部が新しい事務所をオープンさせました.これを記念して2月26日(日)に福島みずほ党首を旭川に迎え,講演会と事務所開きが開催されました.

ファイル 135-1.jpg
 まずは主催者を代表して旭川市議の藤沢 勝旭川支部代表からのあいさつ

ファイル 135-2.jpg
 福島党首からは『「フクシマ」&「消費税増税」を問う!』と題しての講演.まず3月11日夜から12日にかけての官邸との緊迫したやり取りの紹介から始まり,その後の泊などの原発再稼働問題やもんじゅ・六カ所・核廃棄物最終処分場の問題に対する取り組みが紹介されました.
 そして,消費税増税,憲法審査会の設置,「マイナンバー」の導入等かつての自民党政権下でも行われなかったことが次々と実行されようとしていることに触れ,「将来,あの時こうしておけば良かったと思わないように,多くの人たちで声を上げていこう」と呼びかけました.

ファイル 135-4.jpg
 その後は新事務所の集会場に場所を移しての事務所開き.
多くの党員や支持者のみなさんのボランティア作業で,以前のガレージが立派な集会場になりました.関係者の皆さんが創作した油絵や彫刻も飾られ,道北の社会民主党の拠点にふさわしい装いです.
前日までの党大会にも関わらず,党首には事務所開きまでおつきあいしていただきました.

ファイル 135-5.jpg
 日曜日の午後からの開催にも関わらず,講演会には約160名,事務所開きには約50名の皆さまにご参加いただきました.厚くお礼申し上げると共に,社会民主党旭川支部へのますますのご支援をお願いいたします.

2012年 社会民主党 新春講演会 ご報告(追記あり)

 2月4日(土)に新春講演会&新春旗開きが開催されました。
 第一部は森啓先生の「混迷する政治と政党不信を考える」をテーマにした講演会。
ファイル 132-1.jpg
「国家による国民の統治」から「市民による市民の自治」へのパラダイムの転換について熱弁を振るっていただきました。
(追記:森先生がご自身のブログで当日のレジメをアップされましたので,こちらもご覧下さい.http://jichitaigaku.blog75.fc2.com/blog-entry-180.html )

 第二部は新春旗開き。党「再建」15年目の節目の年に、札幌支部連合主催の初の旗開きでした。会場に入りきれないくらい多くの方々に参加していただき、大変ありがとうございました。
ファイル 132-2.jpg

2012年 社会民主党 新春講演会

2月4日(土)14時より札幌市北区民センターにて開催です。参加は無料で、どなたでも参加できます。
講師の森啓さんは、北海学園大学法科大学院講師・自治体政策研究所理事長です。
多くのみなさまのご参加をお願いします。事前連絡は必要ありません。

また引き続いて札幌サンプラザにて旗開きを会費制にて行いますので、ご都合よろしければご協力を心からお願いいたします。
こちらは事前にご連絡をいただければ幸いです。よろしくお願いします。
党事務局電話 011−708−0667

ファイル 130-1.jpg

ファイル 130-2.pdf

(クリックすると別ウィンドウで表示されます)

糸数慶子 沖縄社会大衆党委員長講演会 『沖縄~普天間~辺野古の今を斬る!』

沖縄~普天間~辺野古の今を斬る!「普天間基地即時撤去・辺野古新基地建設阻止」を実現させるため奮闘されている、参議院議員で沖縄社会大衆党委員長の糸数慶子さんを札幌に迎え講演会が開催されます。

とき: 2012年2月5日(日)13:30~
ところ:札幌市中央区 かでる2・7 

ファイル 126-1.jpg
ファイル 126-2.pdf

「脱原発・脱プルトニウム」政策の実行及び当面の重要課題に係る要請

2011年11月14日

内閣総理大臣 野田 佳彦 殿
経済産業大臣 枝野 幸男 殿
文部科学大臣 中川 正春 殿

「脱原発・脱プルトニウム」政策の実行及び当面の重要課題に係る要請

社民党脱原発・脱プルトニウム全国連絡協議会
会長 高橋 新一

ファイル 124-1.pdf
(PDFファイルが別ウィンドウで開きます)

佐高 信講演会盛会御礼

 1日(火)より名寄・室蘭・札幌で開催されました佐高 信講演会は、のべ1200名以上の皆さんを迎え盛会の元に行うことができました。
 札幌会場では420名の皆さんを迎え、参加者全員が着席できなかったことをお詫び申し上げます。
ファイル 122-1.jpg

佐高 信講演会『原発安全神話は誰がつくったのか?』

この秋,佐高 信さんは超辛口で北海道を行脚します。

11月1日(火)18:30~:名寄市総合福祉センター
11月2日(水)18:00~:室蘭市市民会館
11月3日(木)13:30~:北海道教育会館(札幌市)

ファイル 120-1.jpg

ページ移動