社民党大分連合
大分市中央町3-7-10大山ビル3F 電話097−534−8355 FAX 097−534−8383
本文へジャンプ
トップ
トッピクス
理念について
代表・役員
議員一覧
入党案内
サポーター案内
広報案内
リンク集
県政報告
しげの安正国政報告会
国政報告会


お問合せ先mail

携帯からご利用ください
QRコード
社民党大分県連合 大分市中央町3-7-10大山ビル3F 電話: 097−534−8355 mail: sdpoita@bf.wakwak.com URL http://park3.wakwak.com/~sdpoita/k/

動画チャンネル





「オバマ大統領に手紙を出そう」


ご利用方法

 確実な配達のために、宛名はあて先の国の言葉で記入されることをおすすめいたします。


住所の書き方
   1段目:From 名前 名字
   2段目:アパートなど建物名・部屋番号(ある場所)
   3段目:番地、丁・町村
   4段目:郡市、都道府県
   5段目:郵便番号、国

あて先


< メッセージ > ※下記の内容を切り取って利用してください

Dear Mr.President

I was impressed by your speech in Prague both as a citizen of the world and as a Japanese.

Especially, it is not only I that was moved deeply by the words that you are conscious of resolution and responsibility − "U.S.A.takes the moral responsibility as the only country in the world which used a nuclear weapon.", and I can guess that many citizens agreed with your bravery, responsibility and personality.

The abolition of nuclear weapons is a humanity's long'cherished desire, but the process has made hardly any progress in the previous century.

However, you sent a hopeful message to the world as a new American President in the 21st century.
Therefore, we would like to ask you to visit Hiroshima and Nagasaki.

Your visit there would be sure to make a new impression on people all over the world, and it would certainly cause the world to make great progress towards the abolition of nuclear weapons.

We do hope that you will visit Hiroshima and Nagasaki.

Yours sincerely
┌──────────────────────────────────────┐
│(この余白には皆さんからのメッセージをお書き下さい) │
│ │
│ │
└──────────────────────────────────────┘
                      署 名  大分 太郎(漢字で可)

<※上記翻訳 >

  尊敬する大統領閣下

   私は一地球市民として、また、日本人として、閣下のプラハでの演説に感動いたしました。
  特に「核兵器を使った唯一の国として米国には道義的責任がある」と訴えた閣下の、決意と責任  を自覚した言葉に心を揺さぶられたのは、一人私だけでなく、多くの地球市民が閣下の勇気と責  任と人間性にも大きな拍手を送ったと想像できます。
  核兵器の廃絶は人類の悲願であります。
   しかしながら、前世紀において廃絶へのプロセスは遅々として進んでいません。
  しかし、21世紀の新しい米国大統領として、閣下は全世界に希望のメッセージを発信しました。
  そこで、地球市民として、日本人としてお願いがあります。
  是非、ヒロシマ・ナガサキを訪問してほしいのです。
  閣下の訪問は必ず新しい感動を呼び起こし、世界は核兵器廃絶への道を大きく前進させるものと  なります。
  是非、是非、ヒロシマ・ナガサキを訪問してくださるようお願い申し上げます。