記事一覧

佐高 信講演会のお知らせ

ファイル 184-1.jpg

 今の安倍政権は、憲法を大きく変えて集団的自衛権行使想定も含めた「国家安全保障基本法」制定へと突進しています。また原発政策推進の責任も省みず、原発再稼働・増設へと踏み込もうとしています。
 こうした重大な事態に際し、一昨年秋、辛口評論家佐高信さんを迎えて、「原発安全神話は誰がつくったのか?」を道内3カ所で開催しましたが、今回日程調整がつき、以下の通り講演の機会を設けることに致しました。
 憲法の改悪、原発の推進は誰がつくり出しているのかを深く考えあうことは、とりもなおさず憲法理念実現の力につながるはずです。
 趣旨などご理解いただき、多くの皆様のご参加をいただきたくご案内申し上げる次第です。
 また、開催にあたり財政の一助として賛同金も募っておりますので、ご協力を賜わりますよう何とぞよろしくお願い致します。

                    

と き  3月16日(土)14時~16時
と こ ろ KKRホテル札幌 5階丹頂
(札幌市中央区北4条西5丁目 ℡011-231-6711)
講 師  佐高 信さん (当日書籍販売サイン会も行います)
参加費  500円
*どなたでも自由に参加していただけます。事前申し込みは必要ありません。

*佐高信さんを囲む茶話会のご案内
 講演会終了後、会費制にて開催します。どなたでもご参加できますが、準備の都合上、事前に事務局へご連絡いただきますようお願いします。
3月16日(土)16時30分頃より(講演会終了後)
KKRホテル札幌
会費 お一人様コーヒー代相当分を申し受けます。

*なお、佐高信さんの講演会は以下の日程でも開催されますので、よろしくお願いします。
3月15日(金)18時00分 室蘭市内 ホテルセピアス花壇
 (室蘭市入江町1-12 電話0143-24-1010) 
参加費500円です。

ファイル 184-2.pdf
↑クリックするとPDFファイルでポスターが開きます。


新春親睦第3回ボ-リング&交流会

2013年1月吉日

2013年新春親睦第3回ボ-リング&交流会について



社民党を支援する会
会 長     仁木 一雄
ボ-リング部会長 扇子 進

 新年明けましておめでとうございます。
 昨年の総選挙では大変お世話になりました。結果は惨敗となりましたが、敗因は社民党の主体的力量不足等が大きな要素と考えております。引き続き党の前進に向け、又、7月の参議院選挙に又市征冶の勝利に向けて、皆様と力を結集し闘いを進めますので、変わらぬご支援ご協力をお願い致します。
 さて、表題の通り2013年新春親睦第3回ボ-リング&交流会を、下記日時の通り開催致しますので、大変ご多忙とは存じますが多くの方々のご参加ご協力をお願い致します。

              

日  時 2013年2月23日(土) 
集合時間 午後3時00分
集合場所 ディノスボウル札幌麻生 受付(電話011-746-1120)
      札幌市北区北40条西4丁目    
内  容 ボ-リング(2ゲ-ム) 
      プレー   午後3時30分~4時30分予定
交流会  「いろはにほへと麻生店」 午後5時から
会  費 ボ-リングと交流会参加者、男性3000円・女性2500円
交流会のみの方   お一人様 2000円     
出欠の締め切り 2月18日(月)札幌支部連合 
電話 011-708-0667 
FAX 011-708-0669宛、連絡お願いします。

↓(追記)当日の様子です。


北海道ブロック比例遊説計画です

お近くを通過の際はぜひご声援を!!

①4日(火)千歳・恵庭・北広島・清田・豊平・南区・中央区・札幌市内街頭宣伝
②5日(水) 中央・北・東・白石・厚別・北広島・恵庭・千歳・苫小牧市内街頭宣伝・白老・登別・室蘭
③6日(木)室蘭市内街頭宣伝・伊達・長万部・森・函館市内街頭宣伝
④7日(金)函館市内街頭宣伝・森・長万部・倶知安・余市・小樽街頭宣伝
⑤8日(土)札幌市内街頭宣伝
⑥9日(日)札幌市内街頭宣伝
⑦10日(月)江別・岩見沢・滝川・道北管内街頭宣伝
⑧11日(火)道北管内街頭宣伝・網走管内街頭宣伝
⑨12日(水)網走管内街頭宣伝・十勝管内街頭宣伝
⑩13日(木)十勝管内街頭宣伝・日高・夕張・長沼・江別街頭宣伝
⑪14日(金)札幌市内街頭宣伝
⑫15日(土)札幌市内街頭宣伝
      
↓詳細はクリックするとpdfファイルで開きます。
ファイル 174-2.pdf


出発式&第一 声のご案内

2012年11月吉日

出発式&第一声のご案内


社民党北海道連合代表 道林 實

 向寒の候、みなさまに於かれましては、益々ご清栄のことと思います。みなさまには日頃から社民党にご支援・ご協力を賜り心から深く感謝とお礼を申し上げす。
 国民の大きな期待を背負って政権交代を果たした民主党政権は、社民党の連立離脱の契機となった「普天間基地問題」以降、あらゆる局面で国民の期待を裏切ってきました。いまや民自公談合政治へ変質し、国民の声は届いていません。社民党は国民の声をしっかり受け止め、総選挙に臨みます。
 脱原発は国民の声です。脱原発社会の実現を目指します。国民生活と日本経済に多大な打擊を与える消費税増税廃止を求めます。TPPは農林水産業などの衰退で、地域社会の益々の崩壊をもたらします。先祖帰りの自民党や憲法改正を意図する「改憲勢力」と対時し戦います。
 私たち社民党は、平和意法を暮らしに生かす「生活再建・いのちを大切にする政治」を目指します。私たちは、北海道比例選挙区に、浅野隆雄(道連合幹事長)を擁立し聞いを進めています。重ねてのご協力をお願い致します。
 出発式及び第1声を次のとおり行います。何かとご多用と存じますが、ご参加下さるようご案内致します。

<出発式>
1.と き 2012年12月3日(月) 18時から
2.ところ 社民党北海道連合2階 札幌市北区北8条西4丁目
<第一声>
1.と き 2012年12月4日(火)18時から
2.ところ 社民党北海道連合前 札幌市北区北8条西4丁目


『12・9核廃棄物処分と幌延深地層研究所は、今?』 講演会のお知らせ

< 幌延は、今 ! >
 幌延深地層研究所建設状況は、現在、東立抗と換気立抗は、350メールまで、西立抗は、150メートルまで、140メートル調査坑道と250メートル調査坑道の掘削を 終了しそれ以深と350メートル調査坑道の掘削に掛かっています。          今春には、町内の商工会が核廃棄物最終処分場誘致期生会を立ち上げようとして問題になりました。・・・・・・・・・・・・・北海道・幌延を核のゴミ捨て場にさせますか?

< 核廃棄物は、今 ! >
全国の原発や青森県六ヶ所村には、使用済み核燃料24,000体がプールに貯蔵されております。多くの原発では、その貯蔵プールが満杯になりかけております。使用済み核燃料の他 に使用済み燃料棒の解体後の部品・使用済み吸着材・廃液・雑個体廃棄物などの放射性廃棄物 が大量に各原発に貯蔵されております。
 その上、昨年の福島第一原発事故で原子炉をはじめ使用済みフィルター・機械・廃液・更に瓦礫を含めて高・中・低レベルの放射性廃棄物を大量に発生させました。これらの莫大な量の核廃棄物をどう処分するのでしょうか。? 
青森県六ヶ所村の再処理工場は、故障して何年も稼働しておりません。                   

 当然、ガラス固化体も製造できません。それでも維持費が年間、1,100億円も費やすのです。               
 福島県の瓦礫などを保管する中間貯蔵所も決まっておりません。?
 核廃棄物の半減期は、十万年と言われております。自然界の放射線量に戻るのに百万年です。

 こんな超長期間、安全に保管・貯蔵出来るのでしょうか?   

 あなたは、想像できますか?                

 原発=トイレなきマンション! そのトイレをどうすればよいのか、考えてみませんか。

 どなたでもお気軽にご参加下さい。

● 日 時 2012年12月 9日(日) 13:40~総会 14:00~講演会                
● 会 場 教育文化会館305号研修室  (札幌市中央区北1条西13丁目)               
● 参加費 500円              
◎ 演 題 「 幌延深地層研究所と核廃棄物!」 
◎ 講 師  久 世  薫 嗣  さ ん   
    (核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会・代表) 

主 催 護憲ネットワーク北海道  TEL 011-709-6212
                      FAX 011-708-0669
              HP: http:/gokennet.qee.jp/web/
後 援 北海道平和運動フォーラム


                                   

ページ移動