北村 愛宕神社
火伏せ(防火)の神  神社ですが観音寺の住職によって祀られます(“神仏習合”日本固有の神の信仰と外来の仏教信仰とを融合
調和するために唱えられた教説。奈良時代、神社に付属して神宮寺が建てられ、平安時代以降、本地垂迹説やその逆の反本地垂迹説などが起こり、明治政府の神仏分離政策まで人々の間に広く浸透した)
名称未設定-1
愛 宕 祭 平成10年7月23日 夕方出発
村の行事に子ども会も参加させてもらいました

Pasted Graphic Pasted Graphic 1
粟谷橋をわたり右側小高い山の中ほどです
Pasted Graphic 2 Pasted Graphic 3
Pasted Graphic 5 Pasted Graphic 4
Pasted Graphic 6 Pasted Graphic 7