>>俺の屍を越えてゆけ
スタート時に交神できる4柱×男女の計8柱としか交神しないでクリア
shinさんからのご報告です。

たった今、ものすごい(ヒマでアホな)制限プレイをクリアしたのでご報告にあがりました。
その内容は「スタート時に交神できる4柱×男女の計8柱としか交神しない」というものです。
もう、ステータスが伸びないわ打たれ弱いわ。術すらろくすっぽ覚えない始末でした。
クリア後に確認した素質ベスト3は
1位 398点
2位 358点
3位 305点
でした。


まず、最終的なパーティーは弓使い、槍使い、薙刀士、踊り屋の4人。
偶然ですが全員女の子でした。

装備は
   弓使いが名弓不知火、御鏡の兜、陽光の小袖、闘将の腕輪。
   槍使いが千手の鉾、アミダの兜、鶴姫の鎧、闘将の腕輪。
   薙刀士が吉祥の薙刀、聖天の兜、青竜甲、闘将の腕輪。
   踊り屋が古扇日の丸、吹くの神面、聖霊の衣、荒神の腕輪。

所持品は大甘露をありったけ(十数個)、神明丹2個(速鳥&野分回復用)、力士水4個、神仙水5個、「渡し」買収用のいらないアイテムひとつ。

最終決戦の直前には忠誠度外視で4人に朱の首輪を着け、むりやり凡ピン覚えたりしてました。

八ツ髪&朱点戦ではまず「速鳥」2回で素早さを上げ、雷獅子でのダメージを大甘露で回復しつつ凡ピン、力士水、火祭りで強化(武器を火属性でそろえたのはこのためです)。
強化に成功したら奥義「双光〜」、「連弾弓〜」、千手の鉾を八ツ髪に集中。
とどめは扇一閃!4ケタのダメージを与え、撃破に成功しました。

修羅戦では、先の戦いよりも敵が一体な分、強化や回復にも余裕がありました。

クリアしたのは1030年の初頭、2月でした。
やはり一番苦労したのは、あまりにもステータスが伸びなかったことですね。
寝太郎なども8割がたくらってました。
宝集めで雑魚の大将に連弾弓を連発しましたね、養老水たっぷり持って。


>>俺の屍を越えてゆけ