<会社沿革>

昭和25年 新潟製綱株式会社設立。
昭和25年 漁業用繊維ロープ製造・販売事業開始。
昭和25年 ワイヤロープ加工・販売事業開始。
昭和26年 農業・林業機器販売・修理事業開始。
昭和39年 新潟地震被害のため、現在地に移転。
昭和52年 (株)ダイフクFA事業受託事業開始。
昭和62年 上越営業所開設。
昭和62年 佐渡営業所開設。
昭和63年 土木用モノレール販売・架設事業開始。
昭和63年 ワイヤローププレス機械LD500型導入。
平成02年 クレーン用ワイヤロープ加工・販売開始。
平成02年 水門・ゲート用ワイヤロープ加工・販売開始。
平成02年 韓国製ワイヤロープ取扱い開始。
平成02年 ワイヤローププレス機械LD1200型導入。
平成06年 万能試験機REH-50型導入。
平成10年 台湾製ワイヤロープ取扱い開始。
平成12年 ワイヤローププレス機械C500型導入。
平成13年 プレテンション装置HPS-26P-D型導入。
平成18年 環境マネジメントエコステージ認証取得。
平成23年 プレテンション装置HZS-150P-D型導入。
平成26年 ワイヤローププレス機械C310型導入。
平成27年 ワイヤローププレス機械C270型導入。
    (新潟市中小企業パワーアップ設備投資応援補助金投資事業)

<環境方針>

「基本理念」

新潟製綱株式会社は、環境の保全が人類及び自然環
境を含む生態系の存続に係わる、人類共通の重要課
題であることを認識し、健全な環境を次世代に引き継
ぐことが私たちの義務と考え、事業活動のあらゆる面
面で人間と自然の共生をはかり、行動してまいります。

「方針」

当社は、土木・建機・クレーン用ワイヤロープの加工・
販売、林業用チェンソーの販売、土木用モノレール工
事などを主な事業としています。
これら全ての事業活動において、環境負荷低減をする
ために環境マネジメントシステムを構築し、環境保全
レベルの向上をはかります。

1.事業活動によって環境に与える影響を正しく認識
し、環境目的、環境目標を定めて、継続的な改善と
汚染の予防に取り組みます。

2.環境に関する法律・規則・協定、及びお取引先
など外部からの要求事項を遵守します。

3.当社が行う事業活動で、特に環境に影響を与え
る次の項目を重点テーマとして取り組みます。

①地球温暖化対策
(5S活動。日常点検による環境美化と節電)

②省資源(ガソリン・灯油・紙など省資源)

③廃棄物の削減・リユース・リサイクル(3R)
(分別徹底による廃棄物の削減)

④エコ商品・サービス
(ゴミ分別機・バイオ式生ごみ処理機の販売)

⑤社会貢献(会社周辺の清掃)

4.全従業員に対し環境方針の周知徹底に努め、計
画的に環境教育を実施し、環境保全に対して個々の
意識向上をはかります。

5.環境方針は文書化し、一般にも公開します。

  平成21年10月21日改定

  新潟製綱株式会社

  代表取締役 中川庄助