<小さな工務店だからできること>

―職人の名に恥じない仕事―

◎職人の心意気◎
 「職人」「大工」という言葉が安売りされる今日ですが、森本建築とその協力会の職人たちは正真正銘の筋金入り。自らの仕事と技術に自信と誇りをもち、納得のいかない仕事を恥とする―それが本物の職人であり、私たちの心意気であります。ゆえに、ちまたでよく耳にする「手抜き工事」や「不良工事」などは森建とは無縁なもの。第一、そんな仕事を一度でもしたら、私たちのような小さな工務店はすぐにつぶれてしまいますから。
 森建は常にお客様と向かい合い、お客様にご満足していただけるよう、また自らも納得のいく結果を出せるよう、持てる技術と知識を最大限発揮して仕事に取り組んでおります。また仕事の丁寧さ・確かさではどこにも負けない自信があります。 
  ※施工例(随時更新)も是非ご覧ください。


◎お客様第一主義◎
 私たちのような工務店もハウスメーカーも、実際に現場で工事をするのは大工をはじめとする職人です。
メーカーの場合、
@お客様との打ち合わせおよび契約で、金額が決定。(ここまでは営業の仕事)
                 ↓
Aその金額から工期と人工を決定し、下請けの工務店などに依頼(専属契約の工務店などという言い方をされているようですが、社員ではなく、あくまで下請けの別会社であることが多い)。ここで営業マンへの報酬や宣伝広告費、意味のない現場監督費などが差し引かれるため、職人にはかなり厳しい金額が提示される。
                 ↓
B現場の職人はその厳しい条件の中、指定された材料で仕事をする。(とにかくスピードが命。工期が延びればメーカーからクレームがつく上、その分は下請けの自己負担になってしまうため。)
という流れが一般的なようです。これでは、いくら職人に腕があり、いい仕事をしようとしても難しいのが現実です。下請けの職人が1日働いていくらもらっているかをお客様がお知りになったら、その少なさに驚かれるのではないでしょうか。

 一方、森本建築の場合、
@工期と人工の見積りは、これまでの実績からある程度余裕を持たせたものをお客様に提示。(ここで言う余裕とは、天候や施工途中の変更に柔軟に対応できるようにするために必要なものです。)
                   ↓
A時間を無駄にすることなく全力を尽くすのは当然のことですが、スピードが丁寧さに優先することはありません。また、工期に余裕があるということは、施工途中の変更などに柔軟に対応することができるということです。
                   ↓
B見積りはあくまで見積りであり、請求は実際に要した分の金額になります。したがって請求が見積りを下回ることも当然あります。いずれにしても、大きな変更がない限り、見積りの範囲内に収めるのも工務店の腕と思っておりますのでご安心ください。また私たちのような小規模工務店の場合は大手と違って、お客様から頂くお金は全てお客様のために使われます(お金をかけた広告や豪華なモデルハウスと無縁なためです)。
お任せください!
 このように、森建ではお客様の大切な家を建てさせていただく以上、丁寧でいい仕事をするのが何より大切と考え、それを実践しております。そしてこれこそが本当のお客様第一主義だと思っております。

back