<小さな工務店だからできること>

―棟梁に勝る現場監督はいません―

◎棟梁の仕事◎
 多くの場合、ハウスメーカーなどの現場には監督という肩書きの人がいて、職人さんたちがきちんと設計に従い、計画通りに仕事をしているかを監理している―ことになっています。たとえ職人さんたちがイマイチ信用できなくても、監督さんが見張っているからお客様は安心していられる、というわけです。
 ところが、実際はこの監督さん、専門知識も技術もないことが殆どのようです。つまり彼らは建築に関してシロウトというわけで、職人仕事の問題を発見し処理する能力があるはずがありません。そうなると彼らが現場にいることにどれだけの意味があるのかという疑問すら出てきます。(お客様や職人の御用聞き程度にはなるようですが)。
 そして一番問題なのは、彼らへの報酬はお客様負担ということ。実にバカバカしい話です。別の視点で考えれば、シロウトの現場監督に指示されなければ動けないレベルの職人に、いい家が建てられるはずがなく、これではお客様の不安は募るばかりです。

 では、森本建築のような小規模工務店の場合はどうなのか?現場監督は昔から棟梁の仕事です。大工だけでなく多くの職人さんの仕事によって家は作られるわけですから、その現場を監理・統制することは必要不可欠と言えるでしょう。オーケストラに指揮者が必要なように、現場には棟梁が必要なのです。そしてここが大事なのですが、職人としての腕や知識がなくては棟梁は務まりません。ただいるだけの現場監督との違いがお分かりいただけるでしょうか?自ら技術者として現場の第一線で働いているからこそ、多くの職人さんを動かすことが出来る―当たり前といえば当たり前のことです。

 ゲームでしか操縦したことがない人に本物の飛行機を飛ばせと言ってもそれはムリです。同様に図面は読めても釘1本打ったことのない人間に、家作りの指図が出来るでしょうか?メーカーの現場監督に限らず、設計事務所などが現場監理をする場合も同じ事が言えると思います。今は簡単な入力をするだけで、コンピューターが家1件分の建築計算と精密な図面を自動作成してくれる時代。現場仕事を知らずに製図ソフトが作った図面で職人さんたちを動かそうとしても、そんなにうまくいくはずがありません。設計事務所に依頼する時は、そこの建築士の監理能力もきちんと見極めることが大切です。

 森本建築では腕が確かで良心的な建築業者さんたちと協力関係を結んでおり、棟梁の下、職人同士の信頼関係が作られています。それゆえ、施工途中での変更や万一のトラブルなどにも、棟梁の指示で職人たちが協力し合い、迅速かつ適切に対応することができます。
 個人営業の職人は信用できない、などと言っているメーカー営業の方(この方たちも建築に関してはシロウトですね)、本当に信用できないのは、シロウト現場監督に動かされる現場ではありませんか?いくらいい材料を使っても職人の腕がなければ仕方がないし、その逆もしかり。情報過多の大量生産・消費の現代において、本物と偽物を見極めるのは実に難しいことですが、是非皆様、厳しい目で本物を選び取ってください。

back