子どものこころの診療所浜松市中区鴨江にある子ども専門のこころの診療所です。

ホームに戻る

ご予約・お問い合わせ 完全予約制 053-452-8080 月曜日~金曜日8:30~17:15(祝祭日・年末年始は除く)

スタッフ紹介

トップへ戻る

所長

院長:山崎知克医師

山崎知克医師

ごあいさつ

当診療所は浜松市のこども第一主義政策によって、平成23年9月に鴨江の旧夜間休日診療所に開設しました。開設に至る経緯の中で、市子育て支援課と障害福祉課の設置準備における多大なご尽力と、山口智之医師会長をはじめとした地元浜松市医師会の先生方、浜松医科大学精神科教授の森則夫先生、児童青年期精神医学講座特任教授の杉山登志郎先生のご理解と力強いご支援を頂きましたことに対し、事業団職員一同、心よりお礼を申し上げます。

私は平成19年7月に浜松市発達医療総合福祉センターに赴任し、「浜松市の親子のために」というスローガンの元、心身障害児への診療と療育を継続すると共に、発達障害や情緒障害などお子さんのメンタルヘルスに対する治療・療育を重視してまいりました。ご利用くださる親御さんやお子さんからのご高評を頂くと共に、「初診までの待機期間が長いこと」「再診予約が取りにくいこと」などのご指摘を頂いており、診療体制を可能な限り強化しましたが、初診待機は3か月以上となかなか改善できない状況が続きました。

そうした中、杉山教授が浜松方式と提唱しております児童精神科診療連携、すなわち浜松医科大学児童青年期精神医学講座と国立病院機構天竜病院精神科、ならびに当診療所が緊密な関係構築を行うことで、医学教育と質の高い診療を提供するという取り組みがなされており、多くのお子さんと親御さんの治療ニーズに対応しております。

当診療所における特色は以下の点になります。

  • 1. 乳幼児期から学童思春期までの包括的な児童精神科診療
  • 2. 臨床心理士によるペアレントトレーニングの実施(幼児期~学童思春期)
  • 3. 言語聴覚士による言語訓練の実施(主に幼児期)
当診療所における対象疾患は以下の通りです。
広汎性発達障害(自閉症、アスぺルガー症候群等)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、精神遅滞、分離不安障害、適応障害、うつ病、躁うつ病、反抗挑戦性障害、素行障害、チック障害、排泄障害(夜尿症、遺糞症)、選択性緘黙、心身症、身体表現性障害、不安障害(パニック障害、恐怖症、強迫性障害、外傷後ストレス障害など)、摂食障害、睡眠障害、など。

略歴

1993年
東京慈恵会医科大学卒業、同大学小児科学講座に入局、研修医
1995年
東京慈恵会医科大学附属青戸病院小児科
1997年
神奈川県立衛生看護専門学校附属病院小児科
1998年
神奈川県立厚木病院小児科
2000年
東京都立母子保健院小児科
2003年
東京都立大塚病院小児科
2004年
国立病院機構天竜病院精神科
2006年
医療法人好生会三方原病院精神科 医長
2007年
浜松市発達医療総合福祉センター 附属診療所長、療育センター長
2008年
浜松市発達医療総合福祉センター センター長
2011年
浜松市子どものこころの診療所 所長

公職・その他

  • 医学博士、精神保健指定医
  • 日本精神神経学会 専門医、日本小児心身医学会 指導医・認定医、
    日本小児精神神経学会 認定医
  • 東京慈恵会医科大学 小児科学講座 講師(西新橋校、非常勤)
  • 日本小児精神神経学会 常務理事、日本小児心身医学会 理事、
    日本夜尿症学会 理事、日本乳幼児医学心理学会 評議員、
    全国乳児福祉協議会 常任協議員

医師

  • 山崎知克
  • 中泉亨子
  • 杉山登志郎
  • 岩城貴美枝
  • 矢野康介
  • 堀越隆伸
  • 池谷和

臨床心理士

言語聴覚士

精神保健福祉士

社会福祉士

保健師

看護師

保育士