子どものこころの診療所浜松市中区鴨江にある子ども専門のこころの診療所です。

ホームに戻る

ご予約・お問い合わせ 完全予約制 053-452-8080 月曜日~金曜日8:30~17:15(祝祭日・年末年始は除く)

よくある質問

トップへ戻る

  • 受診したいのですが、手続きはどのようにすればよいのですか?
    当診療所を受診するには、医療機関の紹介状が必要です。小児科等かかりつけの先生に紹介状をお願いしてください。紹介状の手配が出来ましたら、お電話にて予約を取っていただきます。その際、相談員より症状やお困りの事などをお聞きします。
    ご予約053-452-8080(完全予約制)
  • 初診はどのような流れですか?
      1. 1.受付で保険証・受給者証(お持ちの方)・紹介状(お持ちの方)を 提出してください。
      1. 2.受付にて申込書・問診票を記入してください。
      2. 3.記入の済んだ申込書・問診票を受付に提出していただきソーシャルワーカーがお呼びするまでお待ちください。
      1. 4.問診票にそってソーシャルワーカーから経過を聞かせていただきます。
      2. 5.聞き取りが済みましたら診察室へご案内します。
      3. 6.診察
  • 受診するかどうか迷っているのですが?
    当診療所のソーシャルワーカーにお電話にてご相談ください。
  • 診療所の場所はどのあたりですか?
    浜松市保健所の隣です。旧浜松市夜間救急室の建物です。
  • 診察ってどんなことをするのですか?
    お子さんの生い立ちや日常の様子、困りごとなどを伺いながら診断を行い、養育者の関わり方などをアドバイスします。症状により薬物療法を行います。
  • ペアレント・トレーニングとは何ですか?
    ペアレント・トレーニングとは、心理学の分野の一つである応用行動分析(ABA)の考え方をベースに、ほめ方や効果的な叱り方をご紹介することと、家庭の療育の方法について考えていただくプログラムです。このプログラムは、同じ子育ての悩みを持った保護者の方5~8名程度で構成されたグループで行います。毎回、臨床心理士がスタッフとして参加し、皆さんの質問や疑問にお答えします。
  • ペアレント・トレーニングを受けてみたいのですが
    ペアレント・トレーニングは、診療の一環としてご案内していますので、まずは受診していただき主治医にご相談ください。
  • こどもに療育やカウンセリングを受けさせたいのですが
    まずは医師による診察を受けていただき、お子さんがどのようなことで困っているのかを把握し治療を進めていきます。必要に応じて、心理検査を行う事もあります。その後、お子さんの状態や必要性に合わせて、個別(マンツーマン)や小集団(5~6名)でのスキルトレーニングやカウンセリング等を提案させていただきます。詳しくは担当の医師にご相談ください。
  • 「心理検査」でどんなことがわかりますか?
    心理検査によって、お子さんがどのくらいの発達の状態にあるのかが分かり、物事に対するとらえ方の癖、また得意や苦手はどんなところかを知ることができます。心理検査をすることによって、より多角的にお子さんの特性が理解でき、適切な治療や教育、療育の方法を考えることができます。必要に応じて書面で結果をお渡しし、個別でのご相談もさせていただきます。
  • 言語療法ってなに? どんなことをするのですか?
    一言で“ことば”といっても、発話がない・言ったことが伝わりにくい・発音が気になるなど、お子さんによって現れてくる問題は様々です。 当診療所では専任の言語聴覚士が、お子さんの言葉の様子を検査などを通して判断させていただいた上で、お子さん一人一人に合った具体的な訓練プログラムをご提案させていただきます。訓練はお子さんの好きな遊びから入り、ご本人の負担になりすぎないようにしながら行いますので安心してご相談ください。
  • 言語療法はどのくらいの頻度で行わなければいけないのですか?
    できるだけ短期に頻度を多く通っていただいた方がよいケース、じっくり長期間取組んでいただきたいケースがあり、実際に検査を取った上で、より良いプログラムをご提案させていただきます。その際、保護者の方のご都合も遠慮なくお聞かせください。
  • ことばの検査にはどのようなものがありますか?
    ことばが出てくる前のお子さんが、どれだけ「ことばの世界」に近づいているかを確認するために絵カードを使って聴く能力・話す能力をみる検査、お子さんがコミュニケーションをとる際に必要な能力の中で、どのような力が得意・不得意かをみる検査などを行います。その他、口や舌の動きと発音についての検査を行う事もあります。