弟切草 [SFC]
【おとぎりそう】


この単語の定義、意味、意見、など、なんでもどうぞ:
コメント 
おなまえ(省略可)  
削除キー(省略不可)  
 サイトの登録申請
33「犬マユゲでいこう」にて取り上げられた事もあり、そっちではネーミングが大いにネタになってしまった(ネーミングによって居る事になっている付き人が「100人の忍」と「ヒグマ」) でも実際のゲームプレイじゃ、殺される時には問答無用で皆殺しでしょうね。 (いうえお)
32サウンドノベルシリーズだから、やっぱりDSとかのショボイ音源じゃ無理だよなあ・・・。にしてもPS3・・・。
31ついに続編(?)が発表・・・って。PS3・・・?
30主人公と奈美は高校の頃から付き合っているが、「そんなところを触るのはまだ早い」という仲らしい。キスはしてるようだが。のんびりなカップルである。
29プレイの度に、呼び名が変わるのがよかった。
28ゲーム屋のアドベンチャーゲームコーナーに並んでいるはこのゲームを見ると、発売前に「ゲーム界にサウンドノベルという新しいジャンルが生まれた」と言うように紹介されていたのを思い出します。 (Memory)
27不思議のダンジョンにも使われる事になった。
26↓確かに・・・結構Hな場面がありますからね。しかもラストは「この続きは読者の皆さんのご想像にお任せします」みたいな終わり方ですっきりしませんでした。 (ナック)
25これの小説版は子供が読んではいけないっ。
24>3 正直信じられませんでした・・・(汗)小学校の頃姉二人がハマっていたな・・・。(二人がプレイ中に笑っていたのを不思議がっていたな・・・)奈美が死んだEDに相当驚いていたのが印象深い・・・。 (ギアン)
23>21,22 そういう方ってよくいらっしゃいますよねェ(笑)
22↓それは「主人公が彼女の前ではカッコつけてる」っていう性格付けでは?
21主人公の一人称が統一されてなかった気がする。奈美と話す時だけ「俺」で、他は「僕」だったような… (ボス)
20母が主人公の名前に「さん」をつけたため、「○○さんさん」と呼ばれてしまった時には大笑いした。
19吉田戦車の4コマ「はまり道」の弟切草の回が好き。 (東海マニア)
18実は3部作。続編の『彼岸花』はPS2とGBAで出るが、どちらもチュンソフトでは無い。
17ピンクはおもしろいよね。「ミイラはまだでしょ!」とか
16プレイする度に奈美が主人公につける敬称が変わる。「ちゃん」はともかく「どん」は止めて欲しかった(笑)。
15発売当初の評判はマチマチだったが、口コミでジワジワ売れ始めた。
14SFCのミイラで毎週ビビってます。 (魚屋)
13主人公が、なかなか味のある人です。夜やったら怖いかも・・・。
12GBAで登場して欲しいけど・・・・・・音がショボクなるのはチョットな・・・
11何回やっても、奈美が死ぬパターンにはならなかった。ある意味その方が幸せかも知れん。 (ジェダ2)
10花言葉は・・・・・復讐
9血を吸われる落ちもありましたっけ・・・・。
8館を逃げ出したとき、奈美ではなく「彼女」を連れて来てしまった時は、冷や汗をかきました
7PS版でさえ、SFC版の独特の恐怖は超えられなかった。
6車椅子・・・。この怖さは尋常じゃない。
5ピンクになってからの自パロ尽くしはすごいぞー
4システムゆえ、ストーリー半ばでの展開と最後が全然噛み合わない時がある。奈美が「私は○○で生まれたのよ!」とか言ってるくせに、まったくそんなことは無視されたEDとか。(汗)
3弟切草が実在すると思わなかった人は私だけではあるまい。 (ホットミルクチョコ)
2最初は怖かったが、謎が解けてくるにつれて面白くなかなか良かった (弁護士ゲーマー)
1チュンソフトのサウンドノベルシリーズ第一段。何度でも繰り返し遊ぶことができ、そのたびに違った展開を楽しめる秀逸なゲーム。 (す)

コメント番号 削除キー
(コメント番号に0を指定すると単語を削除します)