攻城の月

「お義父さん、娘さんと結婚させてください!」
「無理な相談だ」
「お願いします、必ず幸せにしてみせます!」
「私には娘などいない」
「そ、それはひどい! 僕なんかと結婚するのなら娘とは認めないと、そう仰りたいのですかっ。僕のことが気に入らないのは構いません、しかしそうやってお嬢さんを責めるのはやめてくださいっ!」
「芯のある男だ。気に入った」
「ありがとうございます!」
「…が、やっぱり無理な相談だ」
「どうしてですか!」
「その子、隣の家の娘さんだ」
「そりゃ失礼!」

「お義父さん、娘さんと結婚させてください」
「ならん」
「そこを何とかお願いします、お義父さん」
「ならん。そしてそもそも、君にお義父さんと呼ばれる筋合いはない」
「では何とお呼びすればよろしいでしょうか」
「好きに呼ぶがいい」
「わかりました。ではええと、ナマハゲ!」
「お義父さんと呼べっ!」

「お義父さん、娘さんと結婚させてください」
「……」
「お願いします、必ず幸せにしてみせます」
「……」
「お義父さん?」
「あたし、お義母さん」
「あ、すみませんっ。ガタイの良さと顔の大きさからどこからどう見ても父親だと勘違いしてしまいました。それではお義父さんはどちらに」
「ワシはさっきからずっと隣にいるが」
「え、あ、すみませんっ。わたくし先ほどから、どうして理科室のガイコツがここに座っているんだと訝っておりました。えー、ではあらためまして、」
「帰れ」
「なぜっ?」

「お義父さん、娘さんと結婚させてください」
「いいよ」
「本当ですか!」
「いや嘘だ」
「ぐ。お願いします、必ず幸せにしてみせます」
「そうは言うがね」
「いかなる努力も惜しみません、お願いします」
「その言葉に偽りはないのだな」
「もちろんですっ」
「よし、じゃあ許そう」
「本当ですか!」
「いや嘘だけどね」
「ぐぐ。お願いします、僕にはもう娘さんしかいないんです」
「あらゆる覚悟はできているのか」
「はいっ」
「わかった。じゃあ君を信じてみよう」
「本当ですか!」
「いや嘘」
「ぐぐぐ」
「はっはっは。冗談だ。娘を奪われる身だ、ちょっと意地悪してみたい気持ちもわかってくれたまえ」
「は、はい。もちろんです。わかります」
「さて真面目な話、本当に娘を幸せにしてくれるんだな」
「はい!」
「よし、じゃあ私は君たち二人を祝福する」
「本当ですか!」
「嘘だよ」
「ギーッ」

「お義父さん、娘さんと結婚させてください」
「なんと」
「お願いします、必ず幸せにしてみせます」
「では」
「はい」
「霧の谷に 住む ドラゴンを 倒したものに 娘を やろう」
「お義父さん?」
「がんばって くれたまえ ああああ くん」
「主人公の名前ぐらいちゃんと付けてください、お義父さん。いやそんなことよりも、あの、ドラゴンなんていませんから今日び」
「隣町に でんせつの 剣が あると きく」
「ないです。ないと思います」
「魔物に 守られし 剣を得たならば いちど ここに 戻るが いい」
「たぶん魔物もいないと思います。けっこう平和です」
「帰りに 隣町で つけものと セブンスターを 買ってくるのだ」
「お義父さん? 話に統一感がありませんがお義父さん?」
「ついでに だいどころせんざいを 買ってくるのです ああああ さん」
「お、お義母さん?」
「妃と よぶが いい」
「お義母さん?」

「お義父さん、娘さんと結婚させてください」
「うーむ」
「お願いします、必ず幸せにしてみせます」
「…わかった。ただ一つ、条件がある」
「はい」
「大事な娘を取られるんだ。父親のエゴだとわかってはいるが、たった一発だけ殴らせてくれないか」
「わかりました。殴ってください」
「その肝が据わったところも気に入った。いくぞ!」
「はい!」
「こう見えてもワシは銃弾の雨をくぐり抜けてきた猛者だ。しっかり構えておかないと危険だぞ!」
「はい!」
「若い頃は熊を相手に一戦やらかしたこともある。覚悟はいいか」
「はい」
「あの頃は平和というものがまずなかった。その中でワシは生き抜いてきたのだ」
「はい」
「弱肉強食、まさにそんな時代で身も心も傷つきながら、そこに一輪の花を見た」
「はい」
「まるで百合の花のようだったトメさん。今はどこでどうしておるのか、しかしワシは決して忘れ」
「早く殴れよ!」

「お義父さん、娘さんを僕にください」
「それは…」
「というか、もらいます」
「独断!?」
「というか、結婚しました」
「事後報告!?」
「というわけで」
「まとめ!?」
「話は終わりです」
「オチ放棄!?」

20060508