65歳以上の寝たきり者(調査対象、約32万人)の原因の内、約38%が脳血管障害でダントツであるという。次いで多いのが高齢による衰弱の約15%、3番目が骨折、転倒で約12.5%という(平成10,11年の「国民生活基礎調査」財団法人厚生統計協会、2000年より)。すなわち要介護高齢者になる原因は、上位3者で2/3となります。

2番目の高齢による衰弱は種々の原因による結果の終末像であり、その原因を明確に出来るものでないと思いますが、1,3についてはいずれもその背景因子としてよく知られているのが高血圧症、動脈硬化症、骨粗鬆症などの生活習慣病でしょう。

この生活習慣病は最近でこそ漸く市民権を得てきた言葉ですが、その昔は「成人病」と長らく言い古されて来た概念です。

「成人病」は医学用語?と勘違いする言葉であるが、実は行政用語だそうです。

“40歳から60歳位の働き盛りに多く、40歳前後から急に死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、この世代になれば誰もがかかってしまう疾病”との概念でした。

しかし、これでは「加齢に伴う疾病は不可避である」との国民意識の変革を期待することも出来ないし、ひいては高騰する医療費の削減にも繋がらない。つまり「高齢者の増加に伴い医療費は自然増加する!」という、ごく当たり前な考え方(これはまさしく正論であろう)を支持する見方でした。

そこで平成8年12月、(当時の)厚生省公衆衛生審議会は、「生活習慣病(life-style related diseases)」という新たな疾病概念を導入し、生活習慣に着目した積極的(病気)予防策を強力に推進することにしました。

「成人病」にたいして以下の3段階での予防策が考えられますが、

一次予防:生活習慣改善指導

二次予防:早期発見・治療

三次予防:再発防止

これまではそのうち、脳卒中、ガン、心臓病の三大「成人病」の(早期発見・治療の)2次予防に重点を置いていました。それは死因の大多数を占めていたためで、一次予防策は副次的なものと考えられていたようです。

しかし種々の研究の結果、「成人病」の要因には食生活、運動習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣が大きく影響していることが判明し、学会、厚生省もその一次予防策に注目し始めた。「生活習慣を見直すと、病気の進行が予防出来る。」との知見が集まりだし、高騰する医療費に歯止めをかける役割も期待されたに違いないが、ここで方針が大きく変わったのでした。

その2に続く

生活習慣病と山登り
−山登りの効用とは−