草津白根山ー日本百名山の旅
2012年9月14日()    Bergen単独行

近くまで行きながら、なかなかその山頂を踏めなかった、草津白根山!
Bergenは9月の連休を利用して、この山を登る計画を立てた。
新潟に向う途中に寄ろうと考えた。
今回も些か贅沢だが、新幹線と草津温泉のホテル利用である。
(しかも、同伴者-wife-付きである)
今回、憧れの!草津温泉に泊まれたのは、
我が人生における快挙(むちゃくちゃ大げさですね!)であった。

草津温泉、湯畑
9月14日() 草津白根山
 
13:00白根火口登山口…14:30本白根山…15:30登山口

朝は晴れの雰囲気だった。
しかし、草津温泉から志賀草津道路の高度を稼ぐにつれ、山肌にはガスが広がる。
私にとって近くて遠き草津白根山、長らく憧れの山も漸く登頂できました。
またまた感激の旅でした。

軽井沢で新幹線を下車。
予約していたレンタカーに乗る。
北軽井沢から長野原、草津温泉を経由し、草津白根道路に入る。
途中のスキー場の脇から見上げると、草津白根山頂上付近にはガスが!
しかし、登山口の「白根火山」駐車場では青空。

例によって、彼女は登山口の施設で休憩し、私が下山するまで待つ。。
「少し霧が出ていますから、慎重に行きます。
15時頃には戻ります」


「気をつけて行ってきて下さい。慌てて帰らなくても良いですから」
一緒に旅行に出かけて私が山に登る時の、何時もの風景である。
(「私、登る人、彼女、待つ人」である)
登山口の「白根火口」の駐車場と施設
登山道の脇には、リンドウの花ざかり。
白根火山ロープウエイの終点までは逢の峯を越えてゆく。
(後で分かったが、これは巻道があった!)

降り立ったところがロープウエイの終点である。
スキー場の季節なら賑わいもあるのだろうが、今は閑散としている。
急ぐ旅ではないが、此処に長居は無用である。
「時間も時間ですから、取り敢えずは山頂に急ぎましょう!」

スキー場のリフトの西側を登るルートもあるのだが、取り敢えずは鏡池経由の
道を進む。
暫くは山裾を巻いてゆく水平道である。
「このような天候で先が見渡せないと、読図が大事ですね」
(登山道の標識はあるのだが、しっかり確認するに越したことはない。
これ、登山の鉄則!怠ると、思い込みでとんでもないところに行ってしまう!)
麓の巻道の梯子
鏡ヶ池は旧火口の火口湖である。
水平道の巻巻き道を経て、殺生原に向かう分岐路を過ぎる。
そこから急坂の階段を登ると、鏡池に到着。

この頃よりガスが濃厚となり、視界が利きにくなる。
コマクサの保護のため柵がしてあるので道を迷う危険はないが、
分岐点では現在位置の確認が必要だ。

「もうすぐ展望台ですね。あそこが(一応の)草津白根山山頂ですね。
もうすぐ念願が叶うのは確実ですね!」


雨が降らないのが救いではある。
一応、雨具や傘は持ってきているが、むしろ、雷が心配である!?
鏡池

鏡池からの登山道は、火口壁の斜面を巻くように登ってゆきます。
上り詰めて一旦下った後、荒涼たる風景が展開します。
道端に巨石が散在し、行く先に標識のあるピークが見えました。
とうとう、「展望台」に到着しました。

「登山口から標高差200m位でしたから、簡単だと思っていましたが、なかなかタフな
山登りでしたね!念願が叶って幸せです」

そうです。
那須岳に引き続き、登山人生の黄昏時期に漸く到着しました。
本白根山頂
ここで引き返しても良いのですが、(彼女も待っていることですから!)
山頂から少し南側の歩道の最高点まで足を伸ばしてみます。
広く、岩の積み重なった山頂から、木の階段を一旦下ります。

「ロープウエイ終点までに下りのパーティーはいましたが、登りの方はいませんね!」
最高点までは、万座温泉方向に向います。
このあたりの火山地形は吹き曝しになるので、悪天候の際は注意が必要でしょう。
白根山頂ー歩道最高点ーにて、Bergen
漸くカップルのパーティーにお出会い。
万座温泉方面に下山の由。
「私はここから戻りますが、気をつけて行って下さい」
歩道最高点まで到着。

下りは安全策を取り、往路を戻りました。
ロープウエイ終点からは舗装された車道を戻る。
最後の最後に、登山口手前で雨になってしまった。
「まあ、考えようですが、此処まで雨でなかったのは、幸運でしたね」

当夜は草津温泉でゆったりと宿泊し、翌日は新潟に向かいました。

白根火山駐車場(登山口)