鈴鹿、焼木谷遡行
2012年7月21〜22日     同行者:淀屋橋労山(IS,MM,HT,NO,KK)
訪問先  清流と歩きやすさで楽しめるヤケギ谷、ただし「no more HIRU
7/21() 

17:00大阪駅モンベル前集合-(新名神)-鈴鹿IC 19:10小岐須渓谷キャンプ場着(幕営)23:00就寝
 
淀屋橋の山行も久しぶりである。
少し遠いが、三重の鈴鹿、宮指路岳(946m)に直登する焼木谷に出かけた。
予想では晴れで暑い沢登りだったが、朝から小雨の、涼しい登行だった。
下山中にはしっかりと蒸し暑さとヒルの洗礼を受けました。

曇りの中集合。
三重県に入った当たりから雨が降り始める。
ICを降りてからキャンプ場までは、集落中を少し走る程度で到着する。
トイレ完備のキャンプ場、受付小屋軒下で幕営し、宴会。
夕食は焼きそばにステーキ
2枚、豆腐サラダなど、美味しいお酒と食事を楽しむ。
トイレに行った後は
HIRU退治を忘れずに。
この時点で明日の危険を予感しながら就寝。

前夜の食事風景


6:00起床 8:10テント場出発 8:35大石橋から入谷 8:50 10mの滝(ザイル使用)10:30ヤケギ大ナメ 11:00登山道との交差道標12:15登山道12:00宮指路岳山頂手前13:30林道下山15:00キャンプ場出発
15:20
さつき湯 16:00 18:20大阪


 

入渓地点の広場

雨天。
Bergenが川の水量を確認し、GOサインを出す。
大石橋から谷へ入渓。
最初の堰堤を巻き、沢に入ると水量と言い透明感と言い気持ち良い。
「本当に気持ちがいい沢ですね。ここにして良かったですね!」

最初に出てくる滝は、かの有名な10m滝である。
落ち口が少しいやらしいが、HTさんは躊躇することなく取り付かれる。
小さな階段状の岩で、傾斜がきつい。
ホールドスタンスはしっかりしてるが、少し高度感がある。
ザイルの確保が安心である。
「滑りそうで嫌なところですね」

入渓点にて

全体にフリクションが良く利き、歩きやすい。
小雨が降ったり止んだりのお天気。


「これがかの有名なチョックストンの滝ですか?
これは何ぼ頑張っても登れそうにありませんね」

大きく巻くことにする。
それからも小滝の応接に忙しい。
とことん沢を突き詰める所まで、水量のある結構な川が続く。

 最後はナメ状になった滝の前で休憩します。
源流域に近くなってきますと、登山道が横切ります。
「ここから引き返すわけにはいきません。山頂まで行きますよ!.」

登れないチョックストンの滝
さらに上に向かうと、色んな支流が出てきて迷います。
「核心部は概ね終了したので安心ですがね!」
最後はほんの少し灌木の間を進むだけで登山道に出る。
予測した登山道の場所は、宮指路岳に着くためには右折するはず・・・
そのつもりで進むと下り道になるため、行きすぎに気付き、バックする。

宮指路岳は樹木に被われ、展望は悪い。
しかも、頂上は霧の中で、せっかく撮った写真もボケている。
視界も利かない。

「手前の岩峰で休んでいてよかった!
そうは言っても、やはり来たかったピークですから、思いは一入です!」


兎にも角にも、登りは終了です。

「いやー、皆さんご苦労様でした」
最後は楽ちんな詰めだと(ガイドブックには)書かれていましたが、其の通りでした?
稜線の登山道に遭遇、安心だ!

霧雨のせいで寒いとMMさんが言う。
これはさっさと下るに限る!と思っていたら
、HTさんが駆けるように下りだした。
本当に滑りやすい急な登山道を、一気に下山する。
うっそうとした杉林の下山は、まさに「やばい!」の一言だ。

「もうひとつ、飛び切りのやばい奴がいた!!」
キャンプ場でお互いに確認すると、おぞましいまでの「HIRU」ヒル×ヒル!
HTさん、MMさんは愕然!恐怖に慄いておられる!
HTさんの被害個所は、なんと15か所にも及んだという!!

鈴鹿ICの反対側に新車ナビで確認した「さつき湯」へ。
移動中も恐怖は続きましたが、とにかく風呂はいい。
No more HIRU 
この記憶を抜きにすれば、本当に気持ち良く楽しく過ごせた沢登りでした。
KKさん、お疲れ様でした!