奥美濃、美濃俣丸ー雪山(?)ピークハント(MMさんの記録を改変)
笹ヶ峰−美濃俣丸−三周岳を目指して「春の息吹は青息吐息?」ー
2012年5月3〜5日     同行者:HT&MM
記録
5月3日(登山口へ


16:00 大阪駅集合-名神吹田IC−北陸道今庄IC−19:10広野ダム湖畔東屋(幕営)

このGW、淀屋橋の本隊はネパール、エベレスト街道のトレッキングである。
残留部隊は、何処か雪山へ登ろうとなった。
八ヶ岳や中央アルプスの南駒が岳も候補に挙がったが、最終的に奥美濃の笹が峰ー美濃俣ー夜叉が池に決めた。

2日夜の出発予定であったが、天気予報に基づき1日遅れの金曜の夕刻の出発にした。
今庄ICを降りてから半時間ほどで広野ダムに到着。
東屋で幕営。
5月4日():二ツ屋導水施設ー美濃俣丸(●)

4:00起床−6:00テント発−林道 林道途中7:30尾根に取り付く 12:00美濃俣丸山頂−13:30幕営(約1100m地点)−19:00就寝

今回の広野ダム起点の山登りは、Bergenにとって20年ぶり位の再訪になる。
ダムサイトからみた山肌は新緑に覆われ、HTさんが思わず叫んだ!
「なんやこれ、雪あるのかな?」

テントを撤収、車で二ツ屋導水施設に向かう。
ダムの北の周遊道路は車が入れるが、南は落石危険と、新入禁止である。道端にも全く雪がない!
導水施設の駐車場に駐車する。

早期からの低高度での雪が期待出来ないので、取りあえずは林道を進む。
山裾を巻きながら登って行きます。
導水施設にて
林道も至る所で山肌が木の根ごと崩れ落ちている。概ねの予測から、崩れた山肌を木登り状態で尾根に取り付く。後はひたすら藪こぎ!取り付き始めが傾斜も強く、ザックが木につかえ足下も木藪の上で滑るため、歩きにくいことこの上ない。
崩れた林道ーその後すぐに取り付き斜面に
行動中、雨・風は激しくなる一方であり、さらに雪はほとんど見えてこず、今夜の水確保が心配になる。それでも頂上付近には雪があり一層気温下げている。

ずぶ濡れで頂上にたどり着いた時点では、寒さで動くのがつらくなる。約20分ばかり下ったなだらかな地面で幕営。
衣類・靴・ザックすべてがびしょ濡れ。水はブナの木の根元にしたたり落ちる水をコッヘルで集め使用する。


「余りの疲労感に記録写真も殆ど撮れませんでした」
尾根途中の急登の笹原
5月5日():美濃俣丸ー導水施設(●→○)


4:30起床6:30撤収(尾根を下山開始)…10:00林道…11:00広野ダム東屋- 13:30東屋出発(14:00入浴、今庄365スキー場)15:00出発ー18:30帰阪

予想通りの快適な雪稜登攀ではなく、天候にも恵まれず、青息吐息の過酷な山行だった。
下りの尾根ではガスの中、混迷しながらの困難なルートファインディングを余儀なくされた。
最後には厳しいトラバースが待っていた。
根性が試された登頂であったが、下ってみると奇妙な充実感に満たされた。

一晩中降り続く雨と風の寒さから起床すると、
徐々に小雨になってくる。
同時に周囲のガスは増えて稜線の存在を確認するのも一苦労になる。
右・左を迷いつつ、登りで尾根の合流地点に笹葉と小枝でつけた目印にたどり着く。
下りの林道にて、Bergen

ここまでは確実に来た道をたどっていると実感するが、その後は左右トラバースや登り返しを繰り返しつつ、かなり強引に砂防堤の上部に下り反対斜面の林道に上る。林道を歩きつつ結局どの尾根をたどったのか検証するがよくわからない。

行動中の林道にはガマガエルの卵があり、山並みを彩る桜と三つ葉ツツジ、椿、シャクナゲ、小手毬、足下にはキケマン、イワカガミ、ショウジョウバカマ、カタク、フキノトウ等、春の息吹満載の山行でした。

下りの林道にて、HT(左)&MMさん
快晴の下、東屋の脇ではすべての物品を天日干しします。これまでの天候不良、期待外れの雪などに折れそうになった気持!そんなものは全て忘れて、思い切り一杯、我儘に広げまくります。
存分に乾く体制になったら、昼食をとります。
まことに快適千判!!!
見上げればダム湖沿いに笹が峰方面の山々が見えます。それにしても、何と良い天気でしょうか!に、MMさんは青息吐息の由。。

無事に帰阪できたことに心から感謝しながら、それでも楽しめた山行でした
と、ノタマワレています。

「それにつけても、お疲れさまでした!」
ダム湖からみる笹が峰方面の山々
登りと下りルートの検討

右地図のA点は、下りに渡った堰堤と考えられます。
この地図では堰堤より先の林道は無いように書かれています。
しかし、種々の面から考えてもう少し先まで作られているように考えざるをえません。
つまり、登りの際に、ここを通過して尾根に取り付いた記憶があるからです。
下りの尾根は、その地形の特徴、すなわち幅広い尾根で上部は比較的緩傾斜であったことから、
Cと考えるのが妥当でしょう。

さすれば、Cの尾根とダムの間の尾根から取りついたはずです。でも、私の記憶では、林道の進行方向の右手の尾根から取りついた記憶があります。
(しかしそれは、川を橋で渡らない限りあり得ない?取り付き点の手前で急に左に尾根を回り込んだ記憶がある)

検証には、積雪が十分な時期に、再度訪問する必要がありますね?!(そんな時は林道を延々と行くのはあり得ないが)
登りと下りの尾根付近の地形図