湖北、マキノ、赤坂山
2012年1月7〜8日     同行者:てんの会(MM,M,I)+Bergen
訪問先  マキノ、赤坂山
1月7日:大阪出発
今回は淀屋橋の山行(福井、経が岳)に一旦は参加を表明したのだが、月曜の帰宅予定時間が遅くなると考え、止む無く断念した。
そこに「てんの会」のIKさんからお誘いがあった。Bergenは迷うことなく参加を表明。
今年は山スキーの組織的な運営は白紙である。
昨年もメンバーの参加者も少なく、些か寂しい雰囲気である。

遅がけの集合時間であったが、マキノには余裕を持って到着した。東屋に幕営し、
ゆっくりと宴会である。
朝焼け
1月8日:マキノスキー場ー粟柄越ー赤坂山ー往路往復

 8:00マキノ東屋出発ー9:15スキー場、登山開始…12:45赤坂山13:00…14:20マキノスキー場
 
朝ゆっくりとおきて、朝食。
昨夜は寒気を感じなかった。
今日は些か遅い出発であるが、気合は十分である。

雪の状態も十分、かつ立派なトレースもあり、ラッセルの苦労も肩すかし(?!)であった。
峠からは無木立の平原である。天気が悪ければ、迷いやすい!
天候に恵まれ、快適に過ごせました。

マキノスキー場では子供たちが雪遊びに夢中である。
このスキー場のリフトは全て撤去されてしまった。
かわりに、緩斜面の中央にベルトコンベアー状の登行器が設置されている。
待ち人の長い行列で、上から滑り降りてくるスキーヤーの邪魔になっている。

右手の急斜面に入り、気持ちのよい斜面を登る。
壺足様のトレースがあるが、かなり雪に埋もれている。
雪の丘でそり遊びにふける子供たち
まずは東屋で記念撮影である。
取りあえず、下半身だけは雪対策を十分にしておくが、上半身のカッパは暑いだけだろう。
出発の前に記念撮影
結構な急傾斜を、ラッセルを交代しながら進んでゆくと、途中で左のトラバースルートに入るではないか!
「えっ、確か尾根沿いに真っすぐ登るのですがね」

谷側には立派な柵も設置してあり、間違いなく登山道である。しかも、トレースもこのルートに付いている。
???、といった気分だが、まあ行けるところまで進んでみよう。

やがて、本来の登山道に合流したら、そこには立派なトレースが、迷うことなきトレースが、溝である!付いていた。
「これが本来の登山口からの道です。
今のところは、マキノ遊歩道ですね。
これからラッセルの楽しみがなくなりますね」

嬉しいやら、悲しいやら?複雑な気持ち(矢張り楽なほうがよろしい?)ですね。
マキノ遊歩道のトラバース
やがて尾根が顕著になってくると、上の東屋に到着した。
思いがけない遠さであった。
「矢張り雪山は時間がかかりますね」

東屋にはかなりの高さまで雪が積もっているので、まるで地下室に潜り込むようである。
ここでしっかりと行動食を頂く。
これだけ立派なトレースが付いていれば、出発時間が遅くとも赤坂山までは十分行けそうである。
てんの会は、昨年もここに来た由。

「昨年は(視野不良で)頂上直下で引き返されたのですか?」
今回はリベンジである。(そんな大した山ではない?)
いえ、山には貴賎はありませんよ!
途中の東屋にて、殆ど埋まっていました
稜線に出ると、流石に風が強くなる。
しかし、視界は比較的良好である。
今日中は崩れないのみならず、次第に良くなるに違いない!

「敦賀湾が見えますね。伊吹山も立派ですよ」
来た甲斐がありましたね!
早速、頂上で記念撮影です。
赤坂山のピークにて
風が吹くのか、稜線上は少しウインドクラストしています。それでも下りはまだまだ潜ります。
他の大勢の登山者は、立派なスノーシューやワカンを着けておいでですが、横着な我々は、壺足のままですから尚更です。
でも、このトレースなら壺足での登行、下降も快調です。MMさんがノタマワレマス。
「もう皆さん吃驚されていますよ」

下りは、誰言うともなく、極めてハイピッチでの駆け下りです。「年を考えて、ひっくり返らないように、気をつけて降りましょうよ」
何せ平均年齢還暦以上の部隊ですから!

それでも1時間半で下りますと、稜線は立派に晴れ、帰りの琵琶湖東岸の眺めは素晴らしいの一言に尽きました。つくづく、来て良かったと思いました。
振り返れば稜線は快適な晴れ空に!