国語科 第3学年 古典(発展学習)



「奥の細道を探訪しよう」


 3年6組7班の生徒たちが、「山中」での芭蕉の活動について、石川県江沼郡山中町役場へ質問のメールを送りました。
 そうしたところ、西島明正さん(山中町役場 企画財政課 町づくり政策室 室長)が、お忙しい中、大変詳しい資料を送ってくださいました。
 さらには、生徒たちのためならと、その資料のWeb Pageでの公開にも、快くご承諾くださいました。
 西島さん、本当にありがとうございました。


<「おくのほそ道」原文>

山中

温泉に浴す。其功有明に次と云。
    山中や菊はたおらぬ湯の匂
あるじとする物は久米之助とていまだ小童也。かれが父誹諧を好み、洛の貞室若輩のむかし爰に来りし比、風雅に辱しめられて、洛に帰て貞徳の門人となつて世にしらる。功名の後、此一村判詞の料を請ずと云。今更むかし語とはなりぬ。
曾良は腹を病て、伊勢の国長嶋と云所にゆかりあれば、先立て行に、
    行行てたふれ伏とも萩の原
    曾良
と書置たり。行ものゝ悲しみ残ものゝうらみ隻鳧のわかれて雲にまよふがごとし。予も又
    今日よりや書付消さん笠の露



Date: Wed, 15 Dec 1999 16:53:09 +0900
Subject: [芭蕉net]北中3年6組7班からのお願い
山中町役場情報さま

初めまして。
私達は滋賀県長浜市立北中学校の3年6組の西村・山本・田中・小林です。

今、私達は国語科で松尾芭蕉についてインターネットで調べ学習をしています。

大変お忙しいとは思いますが、山中温泉で、芭蕉が立ち寄った宿の名前や、読んだ『句』などをご存じでしたら、教えていただけませんでしょうか。

できれば、12月18日までお願いします。
どうか、ご協力お願いします。
失礼しました。

Date: Thu, 16 Dec 1999 12:58:13 +0900
Subject: 芭蕉調査の件
山中町づくり政策室
室長  西島 明正

 前略、メールを受け取りました。早速お尋ねの件について、お答えします。

 芭蕉は、奥の細道の旅で、元禄2年7月27日(新暦9月10日)の午後4時半頃に、芭蕉と曽良と、金沢の俳人北枝(ほくし)の3人で、小松から山中温泉に到着し、泉屋(いずみや)に泊まりました。そして、8月5日(新暦9月18日)の昼頃に山中温泉を旅立ち、再び小松に向かいました。このときは、芭蕉と北枝の2人で、途中、那谷寺に立ち寄りました。

 奥の細道では、那谷寺から山中温泉に来たようになっていますが、事実を伝える「曽良旅日記」では、山中温泉から小松に戻り、次に、大聖寺(加賀市)の全昌寺に行っています。曽良は、山中温泉で芭蕉を見送り、1人で大聖寺に向かいました。
山中温泉では8泊9日滞在していますが、その間の動向を簡単に述べます。

山中温泉で作られた俳句は、全部で5句です。
    山中や 菊はたおらじ 湯のにほい
※ 『奥の細道』では、《たおらぬ》となっていますが、最初に作られた時は、 《たおらじ》で、後に検討を重ねた結果《たおらぬ》に改めたからです。
    いさり火に かじかや波の 下むせび
    湯の名残(なごり) 今宵は肌の 寒からむ
    桃の木の その葉ちらすな 秋の風
※ この句の前書きに「桃妖に名を与えて」とあるところから、泉屋久米之助に与えたもので、久米之助は泉屋の主人であるが、当時はまだ14歳の少年であり、芭蕉から弟子の1人として認められ、桃妖の俳号をもらい、この句が生まれたのです。《桃の木》とは久米之助を指すものでしょう。
    今日よりや 書付消さん 笠の露
以上の、5句が山中温泉で作られています。俳句の意味については、『芭蕉句集』に掲載されていますので省略します。

泉屋は、現在ありませんが、「芭蕉逗留泉屋の跡」と記した石柱が立っていますし、奥の細道300年記念に、町が建立した「芭蕉曽良別れの場面」(蕪村の画巻の1場面)の大きな記念碑があります。泉屋は「共同浴場」(菊の湯の名前がついています)の、ほんの前にあり、山中温泉は昭和の初期まで宿屋に内湯がなく、全てこの菊の湯に入っていました。

次に、山中温泉は奥の細道の旅の中でも、特筆すべきことは、芭蕉曽良の別離の場所であることです。江戸から数カ月も《同行二人》の2人旅をしてきたが、この地でそれが終わります。その寂しさが、有名な「今日よりや」の句として表されたのでしょう。
そして、この別れに際して作られたものがありますが、これはあまり知られていません。それは、「曽良餞翁直しの一巻」とか「燕歌仙」「山中温泉に遊ぶ三両吟」などと言われている《歌仙》です。

これは、曽良と別れることが決まって、その餞別に、芭蕉・曽良・北枝の3人で巻いたもので、山中温泉では20句できています。その後は、芭蕉・北枝の2人で最後まで巻いており、歌仙の形式である36句が残っています。

ご存じの通り、この時代は、俳句というより《俳諧》であり、発句(5・7・5)に続いて脇句(7・7)さらに第3句(5・7・5)と続き、36句、44句、50句、100句などで完成します。
その中から、発句だけが独立して《俳句》となり、世界一短い短詩型の文学にまで高められてきました。
山中温泉で詠まれた20句の内、3人の句を1つだけ紹介します。
    馬かりて 燕追ひ行く 別れかな 北枝
    花野に高き 岩のまがりめ 曽良
    月はるる 角力に袴 踏みぬぎて 芭蕉
※ この上の句は添削前の句で、芭蕉は添削して、次のように直したほうが良いと行って添削している。(芭蕉も自分の句を添削している)
    花野に高き 岩のまがりめ → 花野みだるる 山のまがりめ
    月はるる 角力に袴 踏みぬぎて → 月よしと 相撲に袴 踏みぬぎて
以上、お問い合わせの件、参考になれば幸いです。

中学3年生の研究範囲が分かりませんが、《俳諧》については、現在かなり廃っていますので、難しいかも知れません。
その他、まだ資料不足でしたらご連絡ください。できるだけご要望にお答えします。



関連資料 目次へ

Last Update 2000/02/19
Copyright(C)2000 Hideo Hirobe