[最終更新日:2000/02/29]
国語科 第3学年 古典(発展学習)


共同企画 「芭蕉ネット」


三重県松阪市立中部中学校 3年8組のみなさんが、私たちが制作したWeb Pageを見て、感想を送ってくださいました。


<6組2班のみなさんへ>
  • 長浜北中学校の3年6組の人たちは、自分の想像を働かせてたくさん調べたり、資料を使ったりと、すごいと思う。このように、自分たちで調べていくことはとてもいいことだと思う。

  • すごいおもしろいWeb Pageですね。すごくわかりやすかったし、きれいなWeb Pageだと思います。これだけ調べて作れるのはすごいと思った。

  • 全部どういうふうに調べたのか伺いたいくらい、すごいと思う。松尾芭蕉は色々な説があり、忍者とかスパイとか書いてあったが、それだけ芭蕉は色々な顔を持っていたのだと思います。しかし、スパイ説は、もし芭蕉が聞いたら怒ると思います。

  • このインターネットのWeb Pageを見て、北中の人たちはここまで深く調べているんだなあとびっくりした。私的には忍者説が一番興味深かった。私もこの松尾芭蕉の脚力はすごいなーと前から思っていたけど、体が病弱だったと聞いて驚いた。人生を旅にかけた芭蕉さんの気持ちとか書いてあって、理解しやすかった。

  • 僕もインターネットをやっているのですが、これだけの量や内容を書くことはとても大変だったと思った。内容も詳しく書かれているのでびっくりした。写真も入っており、とても見やすかった。

  • 知らないことがたくさん載っていた。暇なときに調べようと思った。

  • いろんなことを調べていてすごいと思った。NHKのビデオをみたり、いろいろな芭蕉についてまとめたりして、よくわかった。おもしろいし、良い勉強にもなったし、すばらしいですね。

  • 芭蕉さんは体が弱かったことを初めて知りました。「ひょいひょい」ではなくて、「ふーふー」言いながら旅をしていたと書いてあったので、イメージしていた芭蕉と違っていたので、少しショックだった。

  • すごくいっぱい調べたんですね。私も芭蕉については興味深いことがいろいろあるので、みなさんが作ったこのWeb Pageはすごく役に立ちました。特に「忍者説は」おもしろかったです。

  • とてもおもしろかったです。特に「忍者説」!!私は初めてそういうことを聞きました。違ったことが残念だけど、本当だったらマジでおもしろいだろうなと思いました。

  • 本当にすごいと思いました。芭蕉さんが忍者だったかも!!なんて、考えたことなかったから、なるほどーと思ったことがたくさんありました。改めて、芭蕉さんはすごい人だと思った。

  • 芭蕉の知らなかった部分がよくわかりました。特に忍者だったという説には、すごく興味がありました。これを読んで嘘の話だと書いてあったので、そうだったのかとがっかりしました。本当に忍者だったらよかったのにと思いました。

  • 芭蕉が忍者かもしれないというのは、すごく想像力豊かだなぁと思った。 「ぢ」だったというのは、私の芭蕉のイメージとは違っていた。芭蕉はたくましいイメージがあったから、ちょっとおもしろかった。

  • 芭蕉は俳人的にもすごいと思うが、人間的にというか、生き方がすばらしいと思いました。芭蕉は三重県上野市の出身ですが、三重を歌った俳句が少ないように思います。滋賀の方はどうですか?

  • このWeb Pageの発表を見て、長浜北中の人たちは積極的にやっているんだなと思った。僕もこれを見て、芭蕉に興味を持ち、今まで以上に興味を持つことができた。それに芭蕉が忍者だったという説の先生との対談がすごくおもしろかった。僕もインターネットでいろんなことを調べてみようと思った。

  • 北中の皆様、どうもありがとうございました。僕たちもいろいろなことを知ることができて、本当にうれしかったです。僕たちも北中には及びませんが、1人1人がたくさん芭蕉について調べました。これからも芭蕉について交流すると思いますので、その際はよろしくお願いします。
<お返事です>

中部中学校3年6組と8組のみなさんへ

こんにちは。長浜北中の藤川、沢田、松井です。
たくさんの感想をいただいて、僕らもうれしいです。ありがとうございます。忍者説のことについて、真剣に受け止めてくれたことを知りました。
芭蕉について調べていて、最初のイメージはブレイクしました。
体はひょろひょろで、胃が弱くで、奥の細道の道のりをひーひー言いながら歩いているところを想像すると、フツウのおじいさんで身近に感じます。
本当の芭蕉を知ることは出来ませんが、芭蕉についての資料をもとにして、自分なりの松尾芭蕉像をつくるのも楽しいことだと思います。

では。さようなら。





課題別グループ学習の成果一覧へ次のページへ

Last Update 2000/02/29.
Copyright(C)2000 Hideo Hirobe