[最終更新日:2000/02/29]
国語科 第3学年 古典(発展学習)


共同企画 「芭蕉ネット」


三重県松阪市立中部中学校 3年7組のみなさんが、私たちが制作したWeb Pageを見て、感想を送ってくださいました。


<3年6組10班のみなさんへ>
  • すごくおもしろくて、しかもよくわかった。すごく大変だったんだろうなと思った。いろいろなことがいっぱい載っていて、勉強にもなった。いろいろ知ることができた。

  • こんなに調べるのはすごい時間がかかったと思うし、大変だと思いました。とてもわかりやすい。

  • 教科書などで調べてもあまりはっきりしない芭蕉のことをいろいろ調べてすごいと思います。僕たちもいろいろ調べたけど、僕たちと違う意見もあって、このページを見て、自分の知らない芭蕉の姿がわかった気がします。

  • ・謎の多い芭蕉だから、教科書以外でも調べてみると、たくさんのことがわかりまする。芭蕉は本で調べると難しいことが多いので、わからないところをわかりやすくインターネットに載せるのは面白いし、いいなぁと思いまする。

  • こんなによくわかりやすく作ったなと思いました。自分たちはまだ作り始めたばっかで、全然まとめていないから、とても参考になる資料だと思いました。自分たちはまだ芭蕉のことをあまり知らないけど、長浜北中のみなさんの参考にして、もっと深く学んでいきたいと思います。

  • すごくわかりやすくてよくわかった。これだけの量を調べ、インターネットで公開しようと思うとすごく時間がかかり、とても苦労したんだなと思った。

  • 恋話はすごく興味がありました。見て結構楽しかったです。どこで、そんな事を調べたんですか?とてもよかったです。

  • 芭蕉の兄弟のことや生家、恋話など詳しく調べてないとわからないことが多く書いてあってすごいと思った。それに生い立ちなどにも見やすく、おもしろかった。

  • 私ははじめ俳句とか好きじゃなかったけど、これをやって恋とかの俳句の意味がわかると楽しいなと思った。

  • 私は芭蕉が結婚していないと知ってびっくりしたのもあるけど、反面納得しています。芭蕉はいろんなところを1人で旅をしていたのに、「妻」とかそういうことが書かれてなかったからです。芭蕉に妻子がいたら、その子孫たちも第2の芭蕉になっていたかもしれません。子孫がいなかったのが、残念だけど、芭蕉はきっと子孫がいたら、こんなに有名な俳句などは生まれてこなかったと思います。これでよかったかもしれません。

  • 芭蕉に好きな人がいたということは、恋をしていたということ。それを聞いて少しほっとした。なぜなら、芭蕉が恋もせずに、旅ばかりして、俳句のことしか頭にないような人ではなかったことがわかったから。芭蕉の生活や俳句を調べていて、優しい心を持っていそうなひとだなぁとは感じていた。でも、芭蕉が結婚をしなかったということは、俳句を一番に考えていたからかもしれない。芭蕉は自分の意志をしっかり持っている人だなぁと改めて感じた。

  • 芭蕉について気になることがだいたい載っていたし、書かれている文章がとてもおもしろく工夫しているなぁと思いました。中でも一番興味があったのが、「芭蕉の恋話」でした。結婚はしていなくても、芭蕉にとって俳句は恋人のようなものだったりして・・・。

  • 芭蕉は自然に耳を傾けたかったからにぎやかな江戸を離れ、旅をしていたんだな。心清らかな人なんだなと思った。「旅」が恋人かなと思ったけど、やっぱり芭蕉にも好きな人はいたんだな。ちょっと見てみたいかも・・・。でも、知れば知るほどすごい人で、同じ三重県出身だなんてうれしくなった!!

  • 私は芭蕉が結婚していないということを初めて知りました。芭蕉は生涯独身だったなんて・・・。もし、この紙に書いてあるように、「両方を取ったら、私が旅に出ている間、妻や子は悲しむに違いない。そんな悲しい思いをさせるわけにはいかない!」と思っていたなら、芭蕉さんはすごーく優しいいい人なんだなぁということがわかる。好きな人がいて結婚しないなんて、少しかわいそうかなと思いました。

  • 芭蕉の恋話を調べるなんて私は思いもつかなかったから、とてもおもしろいと思いました。芭蕉のことといったら、俳句のことや出身地、旅をした場所のことぐらいしかわからないと思ったけど、深く調べればいろんなことがわかっておもしろいなと思いました。

  • 芭蕉は結婚してなかったんですね。でも、恋はちゃんとしていたんですね。恋をしたことがない人が、あんないい俳句が作れるわけないですよね。でも、結婚より、旅をとったんだなんて(想像だけど)、本当に旅が何よりも好きだったんだろうな。

  • 芭蕉は6人兄弟の次男だということを初めて知った。芭蕉は有名だから、すごい家に住んでいるんだと思っていたけど、普通の家だということも知った。この「芭蕉ネット」はわかりやすく知らなかったこともたくさんわかって良かったです。
<お返事です>

松阪市立中部中学校のみなさんへ
こんにちわわ。北中6組10班のちひろとかおりです。

たくさんの意見、感想をどうもどうもありがとう。
なんか、たくさんほめていただいて、うれしはずかしbon bo ba bon!!
それに、“芭蕉の恋話”に興味を持ってくれた人が多くてうれしかったです。

私たちが調べたところによっては、子どもはいなかったのに他の中学校から送ってもらったメールでは、子どもがいたんだという情報もあって、なんか、どっちなんだか、もう!!
まだまだ芭蕉は神秘のヴェールにつつまれていますわね。

もう少しでお受験ですけども、これからも交流していけたらなあとおもいまする。
それじゃあまたね。ばいばいびー!





課題別グループ学習の成果一覧へ次のページへ

Last Update 2000/02/29.
Copyright(C)2000 Hideo Hirobe