[最終更新日:2000/02/28]
国語科 第3学年 古典(発展学習)


共同企画 「芭蕉ネット」


三重県松阪市立中部中学校 3年3組のみなさんが、私たちが制作したWeb Pageを見て、感想を送ってくださいました。


<3年5組12班の高田君へ>
  • 僕は長浜北中学校の生徒さんが芭蕉について調べたプリントを見てすごくびっくりしました。
     僕も芭蕉について国語の教科書や辞典を見たりして調べたけど、長浜北中学校の生徒さんみたいに、 こんなにも詳しく調べられなかったので、自分自身が心の中ですごく驚いています。 僕は正直に言って、調べたりすることが好きではありません。やっぱりこれだけのことを調べるには めんどくさがっていたら、こんなに調べることはできないなと思いました。
     これからも色々なことを調べていかなくてはならないかもしれないので、長浜北中の生徒さんみたいに努力して調べたいと思いました。

  • 私は芭蕉といえば、俳句としか思っていませんでした。国語で芭蕉を習うまで、旅をしていたことさえ 知りませんでした。芭蕉は旅をして俳句を極めていって、なぜ旅をする必要があったんだろうと思いました。
     でも、授業が進んで行くにつれ、芭蕉は俳句も旅も大好きなんだなぁと思いました。
     5年2ヶ月も旅をするなんて、私には無理だと思います。

  • 私は石山の近津尾神社の幻住庵に行ってみたくなりました。そこは芭蕉が4ヶ月間過ごしたとされる草庵。
     そこでどのようにして作られた句なのかも自分の目で知り、見てみたいと思いました。
     私はこの授業で、もっと芭蕉のことを調べたくなりました。そして、少しでも興味がある物・人はとことん調べようと思いました。

  • 一つ一つの疑問について、しっかりと調べてあって、色々なことが分かりました。
     私は芭蕉の墓に一番興味を持ちました。とても小さな墓なんだけど、芭蕉という人物をそのまま出している様です。
     一回この墓を見てみたいと思いました。
     芭蕉のように一つの小さなことに素晴らしい気持ちを持てる人はいいなと思いました。
     私もどんな小さなことでも、生きていく上でのものとして、一つ一つきれいな心で見たいと思いました。

  • 1人でこんなに調べてまとめるってすごいと思いました。写真もたくさん使ってあって、見やすくてすごいと思います。本当に真剣に松尾芭蕉のことを調べたんだなぁというのが伝わってきました。
     私も中学3年、同じ年だと思いますが、私は松尾芭蕉を調べても、本の丸写しで、自分がどう感じたかまで考えませんでした。けれど、自分の意見・考えもしっかりあって本当にすごいなぁと思いました。

  • 松尾芭蕉のことについて、教科書に載ってないことが分かった。それに、疑問に思っていることも分かった。
     松尾芭蕉のことも、調べているうちにだんだん芭蕉の性格とかわかってきたと思うし、楽しくなってきたと思う。
     私ももっと調べたいと思う。

  • 長浜北中の人はとても熱心に頑張っているんだなぁと思いました。私も熱心に取り組みたいと思います。
     誰が見てもわかりやすくまとめてあると思います。
     芭蕉の墓は小さく、添えられている花とほとんど同じということは初めて知りました。私は、旅ばかりしていて、大きな墓を建てるお金がなかったんだと思います。
     「芭蕉ネット」(北中)でまとめてあったことは、ほとんど知らなかったので勉強になりました。

  • 高田君は面白い疑問を持っていますね。特に芭蕉の墓はなぜこんなに小さいのかという疑問。一見、何それ?って感じがしましたが、芭蕉の性格を考えるのにいい疑問だと思います。私は高田君のように芭蕉についてあまり調べられなかったのですが、私も芭蕉の質素を好む性格があの墓には出ていると思います。
     それと、私が考えたのは、尊敬していた木曽義仲の墓の隣に墓があることから、義仲さんより大きな墓を作ったら失礼だと思ったからだと思うのですが、どう思いますか?
     芭蕉さんは遠慮深い人だったんだと思いますよ。

  • 1人だけでこんなに調べるなんてすごいと思います。それで、疑問に思ったことが2つあります。
     1つは写真はてどうやって手に入れたのですか?
     2つ目はどのようにしてそんなにも多く調べることができたのですか?

  • 1人であんなにもたくさん調べ、まとめるなんてすごいと思いました。
     疑問1は私も不思議に思いました。
     疑問2は私もそう思います。芭蕉の人柄って、目立たないのを望むけど、実際は大きな存在って感じがします。
     でも、あんなにすばらしい人なのに、頼み通り小さいお墓にしてくれる門人たちも、芭蕉をとても慕っていたんだなぁって感じがしていいと思いました。

  • 僕は長浜北中の疑問1にある「幻住庵記」を書いた理由について、とても静かなところで、風景がとてもおもしろくて色々な句ができて、「幻住庵記」を書いたのだと思います。
     疑問2から僕も同じような意見を持っています。芭蕉はそんなに目立たずにゆっくりしたかったから、墓が小さいのだと思います。

  • 僕ははっきり言って、あまり興味がありませんでした。でも、このグループ学習の成果を見たら、あまり真剣に考えてなかったのが少し恥ずかしくなりました。僕らには全くわからないことも調べてあったからすごい。

  • 私はまず、長浜北中のみなさんの調べという資料を見て驚きました。とてもたくさん詳しく調べてあって、すごいと思いました。こんなに一生懸命やっているのを見て、私は今まで軽い気持ちで取り組んでいたことを反省しました。
     今からじゃ遅いかもしれないけど、一生懸命頑張りたいと思います。

  • 滋賀県の人たちなので、あまり調べていないと思っていたけれど、自分たちより詳しく調べているところが多いのに驚きました。
     もっと自分たちの方が近いので、もっとよく調べられると思うので頑張っていきたいと思います。

  • 芭蕉は本当に色々な旅をしたんだとわかりました。簡単に授業では習ったけど、これだけでは芭蕉のことを全部わかるわけがありません。だからこそ、こういうふうにインターネットでの共同作業が必要であると思いました。
     インターネットっておもしろいなぁ。

  • 今まで全く知らなかったことが「芭蕉ネット」で色々知れて良かったと思いました。まだまだ疑問があるし、知られざる芭蕉の一面をたくさん知りたくなった。
     俳人として、1人の人間としての松尾芭蕉にすごく興味があるから、もっと調べてみようと思った。

  • 私は松尾芭蕉はただ旅をして、俳句を詠んでいる人生だったのかと思ったけど、たくさん調べていくと、芭蕉は旅が好きで、たくさんの人々との出会いを通して、たくさんの思い出を作ったんだと思った。
     きっと芭蕉は自由になることが好きだったんだと思った。
<お返事です>

3年3組のみなさんへ
こんにちは。長浜北中学校の高田です。

先日はとてもすばらしい感想を送っていただき、本当にありがとうございます。

みなさん一人一人が、僕の考えを真剣に読んでくれているのがすごく伝わってきました。
さらに一歩上の考えを述べてくださったことに、とても感謝しています。特に、僕の疑問に対していろいろな意見があったのが、すごくうれしかったです。

疑問2について、僕も思い浮かばなかった意見がたくさんありました。
「木曽義仲よりも大きな墓を作っては申し訳ないと思ったから、芭蕉は遠慮深い人だった。」という意見は特に勉強になりました。すばらしい感性をお持ちですね。もちろん、その他の意見もとても参考になりました。

また、「あの写真はどうやって手に入れたのですか?」と質問について、あの写真は、先生が見に行って撮ってきてくださったものです。僕自身は、実際に幻住庵や義仲寺、また、芭蕉の墓を見ていません。いろいろ知っているように書いて、申し訳ありませんでした。
でも、近いうちに本当に行ってみたいと思っています。

いろいろな意見、感想など、本当にありがとうございました。
二つの疑問については、また調べるつもりです。さようなら。





課題別グループ学習の成果一覧へ次のページへ

Last Update 2000/02/28.
Copyright(C)1999-2000 Hideo Hirobe