[最終更新日:2000/02/28]
国語科 第3学年 古典(発展学習)


共同企画 「芭蕉ネット」


三重県松阪市立中部中学校 3年2組のみなさんが、私たちが制作したWeb Pageを見て、感想を送ってくださいました。
【長浜北中学校3年5組9班の皆さんへ】
  • 句碑を調べるのは、とても大変だったと思います。自分では見ることはなかなかないのでとても良い経験になりました。またどんどん書いてください。ところで「かんぴょう」とは何ですか。おいしいですか。

  • 湖西の小松の石を和船に乗せて長浜に持ってきたのはなぜでしょう。

  • こんなにいろいろな所を写真に撮ったり、調べたりして、すごいと思いました。ここは三重県ですが、私は句碑などは見たことがありません。松阪は通らなかったのでしょうか。調べてみたいと思います。地元に住んでいるのに、皆さんのほうが良く知っていて、自分は勉強不足だなあと思いました。これからも頑張ってください。

  • 写真なども入っていてとても楽しく見せていただきました。たくさんいろんな資料を調べてとてもえらかったんじゃないですか。受験も終わり、ひと段落したら松尾芭蕉の故郷へ遊びに来てはどうですか。本当にいろいろありがとうございました。

  • とてもくわしく調べてあっておどろきました。日本中にたくさんの句碑があることで、芭蕉は全国の人々に知られ、好まれているんだなあと思いました。私はインターネットで芭蕉のことを調べましたが、余り初歩的なことが載っているページがなくて、とても苦労しました。皆さんはなぜ芭蕉についてくわしく調べようと思ったのですか。

  • お寺や市民会館といった、調べられるところがたくさんあり、うらやましいです。

  • 市民会館の句碑を見ておどろきました。相当大きいのでしょうね。私はまわりで芭蕉の句碑を見たことがありません。あるのかな。でも三重県に関する俳句はあります。そちらの今町に芭蕉にかかわる宝物が保存されているようですね。私も見てみたいです。

  • どうもこんにちは。写真や資料を集めて調べるのはとっても大変だったと思います。私も図書館へ調べに行ったけど、調べたいことがあまり載っていなくて、インターネットが出来ればと思いました。こんなにくわしく調べていすごいなと思いました。芭蕉についてよく知れて良かったです。

  • 調べるために遠い所まで行ってご苦労様です。芭蕉はいろんな所で歴史に残っているんですね。芭蕉にとって大切なものってなになんでしょうか。(突然ごめんなさい)また話し変わりますけど、かんぴょうはおいしいですよ。結構いけます。またもどりますが、やっぱり旅を通して出来た人間関係や旅先で見た美しい自然などでしょうか。私も芭蕉が見たいといった松島を見たいです。

  • たくさん芭蕉のことについて調べてくれてありがとう。ところで干瓢は寿司のネタに入っています。栃木県が有名。おいしい。

  • 同じ三重県やのに国語で習うまでぜんぜん芭蕉のことを知らなかった。なんでかんぴょうの中に芭蕉が彫られているのかめっちゃ不思議なんですけど。

  • 「四方より花咲き入れて鳰の海」で「鳰」はなんと読むのですか。「寒山拾得の図」を見てみたいです。

  • 「蓬莱の」のように三重県以外の場所で三重県について作った句が他にあれば教えてください。

  • 芭蕉にかかわるものを大切に保管しているのだとわかりました。

  • 9班は2人しかいないのに、一つ一つがくわしくのっていてすごいと思います。すごく助かりました。

  • 丁寧にいろいろ教えていただき、ありがとうございました。それにしても句碑って本当にたくさんあるんですねぇ。本当にご苦労様でした。PS.私はかんぴょう嫌いです。

  • はじめまして。私はみなさんが芭蕉について自分たちでホームページを作っているなんてとても感心しました。読んでみても自分たちの感想などが入っていてとてもおもしろくて読みやすかったです。それにしてもいやいややっているんじゃなくて、とっても楽しそうにやっているのがすごっく伝わってきました。芭蕉のこと以外にそちらの事をもっと知りたいので教えてください。
<お返事です>

中部中学校 3年 2組のみなさんへ

5組9班の柴田、中原です。

こんにちは。たくさんのメ−ルをどうもありがとうございます。

<Q&Aのコ−ナ−>
まずはじめは、「かんぴょう」について・・・かんぴょうとは、よく巻きずしの中に入っている茶色っぽいものです。柴田は、おいしいと思っています。

「鳰」について・・・「鳰」は「にお」と読みます。カイツブリのことです。カイツブリは、水鳥で、滋賀県の県の鳥に指定されています。

他にもいろいろ質問をいただいたのですが、調べている時間がありません。ごめんなさい。
一度、みなさんで調べてみてください。





課題別グループ学習の成果一覧へ次のページへ

Last Update 2000/02/28.
Copyright(C)2000 Hideo Hirobe