国語科 第3学年 古典(発展学習)



「芭蕉と長浜」
−芭蕉は長浜を訪れたか?−


 どんな地方にも歴史上著名な人物が、生まれたとか、訪れたとか、亡くなったとかいったいった話が伝わっています。それが史実であるかどうかは別として、そうした伝承は、その人物への人々の親しい思いを伝えるものです。

1.「おくのほそ道」の道中

2.曽良の道中

一 十一日 快晴。天や五郎右衛門尋テ、翁ヘ手紙認、預置。五郎右衛門ニハ不逢。巳の上刻、ツルガ立。午ノ刻ヨリ曇、涼シ、申ノ中刻、木ノ本ヘ着。

一 十二日 少曇。 木ノ下ヲ立。午ノ剋、長浜ニ至ル。便船シテ、彦根ニ至ル。城下ヲ過テ平田ニ行。禅桃留主故、鳥本ニ趣テ宿ス。宿カシカネシ。夜ニ入、雨降。

一 十三日 雨降ル。多賀へ参詣。鳥本ヨリ弐里戻ル。帰テ、摺針ヲ越、関ヶ原ニ至テ宿。夕方、雨止。

3.「はま」の記述



(参考文献:「拓本行脚 湖北周辺芭蕉の句碑」 著:宮田良英)


近江と芭蕉 目次へ

Last Update 1999/11/03
Copyright(C)1999 Hideo Hirobe