国語科 第3学年 古典(発展学習)



「奥の細道を探訪しよう」


須曽野仁志先生(三重大学教育学部附属教育実践総合センター)が、送ってくださった芭蕉の生家などの写真です。


芭蕉は、天保元年1644年(江戸時代)に生まれました。生まれた場所は上野市赤坂町と伊賀町柘植町という2つの説があります。
芭蕉の生まれた頃、一家が引っ越しをしたため、どちらが生家か、はっきりしないようです。


上野市赤坂町に残る生家


伊賀の上野公園内にある「俳聖殿」は、芭蕉翁の旅姿をあらわす聖堂です。屋根上部が笠、下部の八角形のひさしは袈裟、基部を支える柱は行脚する芭蕉の杖をあらわしています。
「俳聖殿」には、松尾芭蕉ゆかりの史跡がたくさんあります。


上野公園内にある「俳聖殿」



関連資料 目次へ

Last Update 1999/12/25
Copyright(C)1999 Hideo Hirobe