おくのほそ道(都県別リンク集)



<石川県>

金沢

卯の花山くりからが谷をこえて金沢は七月中の五日也。爰に大坂よりかよふ商人何處と云者有。それが旅宿をともにす。一笑と云ものは、此道にすける名のほのぼの聞えて、世に知人も侍しに、去年の冬早世したりとて、其兄追善を催すに
    塚も動け我泣声は秋の風
ある草庵にいざなはれて
    秋涼し手毎にむけや瓜茄子
途中吟
    あかあかと日は難面もあきの風

自治体の公式サイト

「おくのほそ道」情報

関連史跡などのサイト

リンク集のTopPageへ



小松

小松と云所にて
    しほらしき名や小松吹萩すゝき
此所太田の神社に詣。真盛が甲錦の切あり。往昔源氏に属せし時、義朝公より給はらせ給とかや。げにも平士のものにあらず。目庇より吹返しまで、菊から草のほりもの金をちりばめ龍頭に鍬形打たり。真盛討死の後、木曾義仲願状にそへて此社にこめられ侍よし、樋口の次郎が使せし事共、まのあたり縁記にみえたり。
    むざんやな甲の下のきりぎりす

自治体の公式サイト

「おくのほそ道」情報

関連史跡などのサイト

リンク集のTopPageへ



那谷

山中の温泉に行ほど、白根が嶽跡にみなしてあゆむ。左の山際に観音堂あり。花山の法皇三十三所の順礼とげさせ給ひて後、大慈大悲の像を安置し給ひて那谷と名付給ふとや。那智谷組の二字をわかち侍しとぞ。奇石さまざまに古松植ならべて、萱ぶきの小堂岩の上に造りかけて、殊勝の土地也。
    石山の石より白し秋の風

自治体の公式サイト

「おくのほそ道」情報

関連史跡などのサイト

リンク集のTopPageへ



山中

温泉に浴す。其功有明に次と云。
    山中や菊はたおらぬ湯の匂
あるじとする物は久米之助とていまだ小童也。かれが父誹諧を好み、洛の貞室若輩のむかし爰に来りし比、風雅に辱しめられて、洛に帰て貞徳の門人となつて世にしらる。功名の後、此一村判詞の料を請ずと云。今更むかし語とはなりぬ。
曾良は腹を病て、伊勢の国長嶋と云所にゆかりあれば、先立て行に、
    行行てたふれ伏とも萩の原
    曾良
と書置たり。行ものゝ悲しみ残ものゝうらみ隻鳧のわかれて雲にまよふがごとし。予も又
    今日よりや書付消さん笠の露

自治体の公式サイト

「おくのほそ道」情報

関連史跡などのサイト

リンク集のTopPageへ



全昌寺・汐越の松

大聖持の城外、全昌寺といふ寺にとまる。猶加賀の地也。曾良も前の夜此寺に泊て、
    終宵秋風聞やうらの山
と残す。一夜の隔、千里に同じ。吾も秋風を聞て衆寮に臥ば、明ぼのゝ空近う読経声すむまゝに、鐘板鳴て食堂に入。けふは越前の国へと心早卒にして、堂下に下るを若き僧ども紙硯をかゝえ、階のもとまで追来る。折節庭中の柳散れば、
    庭掃て出るや寺に散柳
とりあへぬさまして草鞋ながら書捨つ。

越前の境、吉崎の入江を舟に棹して汐越の松を尋ぬ。
    終宵嵐に波をはこばせて月をたれたる汐越の松
    西行
此一首にて数景尽たり。もし一辧を加るものは、無用の指を立るがごとし。

自治体の公式サイト

「おくのほそ道」情報

関連史跡などのサイト

リンク集のTopPageへ



「おくのほそ道」 都県全体 関連サイト



リンク集のTopPageへ

Last Update 1999/11/09
Copyright(C)1999 Hideo Hirobe.