おくのほそ道(都県別リンク集)



<秋田県>

象潟

江山水陸の風光数を尽して今象潟に方寸を責。酒田の湊より東北の方、山を越、礒を伝ひ、いさごをふみて、其際十里、日影やゝかたぶく比、汐風真砂を吹上、雨朦朧として鳥海の山かくる。闇中に莫作して、雨も又奇也とせば、雨後の晴色又頼母敷と、蜑の苫屋に膝をいれて雨の晴を待。其朝、天能霽て、朝日花やかにさし出る程に、象潟に舟をうかぶ。先能因嶋に舟をよせて、三年幽居の跡をとぶらひ、むかふの岸に舟をあがれば、花の上こぐとよまれし桜の老木、西行法師の記念をのこす。江上に御陵あり。神功后宮の御墓と云。寺を干満珠寺と云。比處に行幸ありし事いまだ聞ず。いかなる事にや。此寺の方丈に座して簾を捲ば、風景一眼の中に尽て、南に鳥海天をさゝえ、其陰うつりて江にあり。西はむやむやの関路をかぎり、東に堤を築て秋田にかよふ道遥に、海北にかまえて浪打入る所を汐こしと云。江の縦横一里ばかり、俤松嶋にかよひて又異なり。松嶋は笑ふが如く、象潟はうらむがごとし。寂しさに悲しみをくはえて、地勢魂をなやますに似たり。
    象潟や雨に西施がねぶの花

    汐越や鶴はぎぬれて海涼し
祭礼
    象潟や料理何くふ神祭
    曾良
みのゝ国の商人低耳
    蜑の家や戸板を敷て夕涼
岩上に雎鳩の巣をみる
    波こえぬ契ありてやみさごの巣
    曾良

自治体の公式サイト

「おくのほそ道」情報

関連史跡などのサイト



リンク集のTopPageへ

Last Update 1999/10/26
Copyright(C)1999 Hideo Hirobe.