国語科 第3学年 古典(発展学習)



「芭蕉と近江」
− 幻住庵 (4) −


陶板で「幻住庵記」の全文を復刻

「猿蓑」初版本の復刻です。

「とくとくの清水」
「たまたま心まめなる時は、谷の清水を
汲みてみづから炊ぐ」(幻住庵記)と、
芭蕉は、この井戸水で自炊していたそうです。

すぐ側には、清水が湧き出ています。

真蹟




近江と芭蕉 目次へ幻住庵(1)幻住庵(2)幻住庵(3)

Last Update 1999/10/26
Copyright(C)1999 Hideo Hirobe